ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー、公共物破壊で命じられた判決完遂まで残り僅か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 以前、住んでいた近隣の家に卵で破壊行動におよび、公共物破壊裁判で労働活動を命じられていたジャスティン・ビーバー。くるぶしの負傷により労働活動の進みが遅れていた彼に対し裁判官は、判決で命じられた労働活動を年内中に終えるよう猶予を与えた。

 上級裁判所裁判官リランド・ハリスが同コメントを発したのは、8月3日に同ポップ・シンガーの公共物破壊軽罪を聴聞したときのことだ。ビーバーは既に、裁判で命じられたアンガーマネジメントと補償を完遂させているが、5日間におよぶ道路清掃、落書き除去、もしくはその他の単純労働も完了させていなければならなかった。しかし、ビーバーはくるぶしの負傷により、作業の進み具合が遅れていたもようだ。

 検察が話したことによれば、ビーバーが命じられた作業を終えるのはもう少しであるとのこと。

 なお、グラミー賞にノミネートされたビーバーは、月曜に開かれた公聴会を欠席している。

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・T.ウォーカーが「モータウン」に捧げるライブ~「MOTOWN CLASSICS」~
スモールプールズ、サマソニ初来日のシンセポップ・バンドのプレミアム・ライブに2組4名様ご招待!
ネイト・ルイス 2016年1月にジャパン・ツアーを開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP