ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すべてが過剰にカワイイ!! 原宿新スポット『KAWAII MONSTER CAFE』のココがヤバい [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年8月1日、東京・原宿でグランドオープンした『KAWAII MONSTER CAFE』。そのクレージーなほどに過剰なモチーフが散りばめられた内装や極彩色のフードなどが早くもソーシャルメディア上を中心に話題になっており、東京の“kawaii”カルチャーを巡る上での新スポットとして注目されます。

ここでは、「全てを飲み込んで膨れ上がるモンスター」だというその中身をまとめて紹介。ビジュアルアイコンの“MONSTER GIRL”や、4つに分けられたゾーン、目を疑うようなフード類など、見どころ満載となっています。

※すべての画像が表示されない場合は『オタ女』でご覧下さい。
http://otajo.jp/49539 [リンク]

km_cafe_02

『KAWAII MONSTER CAFE』をプロデュースしたのは、1995年にショップ『6%DOKIDOKI』を立ち上げ、アーティストとしても原宿“kawaii”カルチャーををさまざまな形で表現している増田セバスチャン氏。
このようなカフェを作った理由について「これまで、外国の人を連れてこれるような(“kawaii”カルチャーの)スポットはなかった」と語り、「大人にこそ来てもらいたい」と、普段原宿に来るような10~20代だけでない層にも楽しめる空間になっていると強調していました。

“MONSTER GIRL”がヤバい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

来客者を『KAWAII MONSTER CAFE』の不思議な世界に誘い、そのコンセプトを発信する存在。それが“MONSTER GIRL”。DOLLY、BABY、CRAZY、CANDY、NASTYの5名で、いずれも増田氏が「未来の“kawaii”をテーマにしたビジュアルアイコン。オーディションでは、実際に原宿に来ている子というのがポイントだったとのこと。甘さだけでなく、女の子特有のわがままさやきまぐれな感情、ちょっとセクシーな雰囲気までを体現しています。

極彩色&過剰なまでのモチーフの内装がヤバい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明治通り沿いのYMスクエア4Fに上がり、イメージキャラクター“チョッピー”の舌の上を通ると目に入るのは、巨大なケーキ型のメリーゴーランド“SWEETS GO ROUND”。ユニコーンやカラフルな帽子、さまざまなフルーツやお菓子のモチーフがグルグル回り続けている様子は圧巻。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内は4つのゾーンに分かれており、その中から好きなゾーンを選ぶことができます。

極彩色の毒々しいキノコと宇宙植物が頭上を覆う大きな森をイメージしたという“MUSHROOM DISCO”。円卓とソファーの異空間で、“カラフル”に飲み込まれたような気分を味わうことができそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥の席の壁には、これまた巨大な唇がたくさん出現。おしゃべりには最適かも?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天井に、巨大なウサギやヒツジ、ユニコーンの頭、そして無数の哺乳瓶がぶら下がっている“MILK STAND”。よく見ると、動物たちには管を口にしており、ずっとミルクを飲まされている様子。増田氏によると、「人もいろいろなものを知らず知らずのうちに摂取している」といったメタファーが込められているとのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内でも奥まったゾーンになる“Mel-Tea ROOM”。アイスクリームやチョコレートがとろけて、崩れそうなまでに積み上げられたマカロンが印象的で、お姫様気分が味わえそう。でも、ただ甘いだけでなく、砂糖を狙う蟻の姿もチラホラ……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さまざまな色に光る大きなクラゲに包まれたカウンター“BAR Experiment”。その名の通り「実験」がコンセプトで、自分で調合して味を変えることができるオリジナルカクテルや、「ザ・マッドサイエンティスト」と題されたカクテルがラインナップされています。遊びココロのある大人こそ楽しめるバーなのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サーカス団のようなスタッフの制服。こちらも増田氏によるプロデュース。

これ、食べれるの!? メニューがヤバい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまで振り切ったコンセプトのカフェだけに、用意されているメニューも普通ではあり得ません。

とりわけインパクト大なのは、“カラフルレインボーパスタ(ペインター)ディップ”(1300円)。一体どのような味なのか、口にするまで想像できませんが、増田氏いわく「ちゃんと美味しい」とのこと。また、アメリカで人気だという、鶏肉にワッフルを添えた”ワッフルチキン・ブルックリン”(900円)のようなメニューも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも極彩色で塗り固められた“カラフル ポイズン CAKE(ケミカル)”(1ホール2800円)。数人でパーティーというシーンで、みんなで取り分けて食べてみるというのが楽しいかも!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほかにも、“メルティー・パンケーキ(ピンクスウィーツハーツ)”(1500円)や、”カラフル ポイズンカフェ エクストリーム!”(2800円)など、スイーツも充実。サクッと食べるには、“MONSTER GIRL”のイメージカラーのアイスクリーム(各650円)がオススメです。

東京の新名所になること間違いなし!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内には、SHOPスペースもあり、iPhoneケース(1300円)やクリアファイル(350円)などのグッズを購入可能。

また、全エリア制覇や来店回数によってランクがアップする“MONSTER CARD”もあり、特別限定メニューの注文や優先予約などが可能になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年7月30日の発表会には、増田氏や松村厚久・ダイヤモンドダイニング社長、キービジュアルに登場したAMIAYAが登場。「ここから世界に向けて”kawaii”のその先を発信していく」(増田氏)という大きな目標を掲げています。

そのぶっ飛んだコンセプトで、カルチャー感度の高い人たちの度肝を抜きつつある『KAWAII MONSTER CAFE』。原宿のみならず、東京の新スポットとして、国内外から客が集まることは間違いないのではないでしょうか。

また、これまでそれぞれの人の心の中にある“kawaii”を表現し続けていた増田氏ですが、この空間では“kawaii”が怪物化して人々を「飲み込む」というモチーフに変化していることも注目されます。増田氏が『6%DOKIDOKI』追い求めていた「革命」が成し遂げられる可能性のある、重要な場所になりそうです。

KAWAII MONSTER CAFE

住所:東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクエアビル4F
TEL:03-5413-6142
FAX:03-5413-6143
営業時間:11:00~22:30(L.O 22:00 最終入店21:30)
定休日:年中無休
総席数:193席
ゾーンチャージ:500円/人

※90分時間制

『KAWAII MONSTER CAFE』公式サイト
http://kawaiimonster.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。