ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【#RIJF2015】前半戦終了! MISIA圧倒的なパフォーマンス、星野源がハッピーに大トリを飾る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国内最大の野外音楽フェスティバル【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015】の2日目が8月2日に茨城県・国営ひたち海浜公園で行われた。大気の状態が不安定という予報が出ていたが、前日に引き続き天気にも恵まれ多くの来場者で賑わった。

 早朝の霧が立ち込める中、最も大きいステージ<GRASS STAGE>の2日目トップバッターゲスの極み乙女は、Vo.川谷絵音の「キラーボールで踊りませんか?」という言葉と共に「キラボール」からスタート。会場の端までびっしりと観客が入り、午前中とは思えないほどの盛り上がりを見せた。続いて登場したのは、きゃりーぱみゅぱみゅ。自身がデザインしたカキ氷のブルーハワイをイメージした新作衣装で登場。「CANDY CANDY」、「きゃりーANAN」、「インベーダーインベーダー」と次々に披露。カラフルなダンサーと共にきゃりーワールド全開のパフォーマンスだった。

 入り口に最も近い<LAKE STAGE>では、TOTALFAT、キュウソネコカミ、グッドモーニングアメリカなど、今をときめくバンド勢が暑さに負けないアクトで会場を盛り上げた。そして、このステージ中盤戦には、スキマスイッチ、MONGOL800が登場。それぞれの代表曲、「奏」や「全力少年」、「あなたに」や「小さな恋のうた」など誰もが1度は耳にしたことがあるであろう名曲でオーディエンスを沸かせた。<PARK STAGE>では、在日ファンク、きのこ帝国、℃-ute、安藤裕子など多彩なラインナップなアーティストが観客を魅了した。

 イベント後半に入ると、<GRASS STAGE>にはSpitzが登場。草野マサムネの優しい声で暑さが和らいだように感じた。<SOUND OF FOREST>のトリはCAPSULE。最初に中田ヤスタカが登場すると会場は一気にダンスフロアへと早変わりし、オーディエンスは両手を上げジャンプジャンプ。カラフルな照明や映像がCAPSULEの2人の華やかさをより際立たせていた。

 <LAKE STAGE>のラストアクトはMISIA。1曲目「陽のあたる場所」から稀代の歌姫の実力をオーディエンスに見せつけた。そして、「Everything」では、見ている者が息をするのを忘れてしまうほどの圧倒的なパフォーマンス。優しく、力強く、観客全員に伝わるように思いを込めて歌い上げた。2日目<GRASS STAGE>のヘッドライナーは、星野源。日焼け止めのCM曲「夢の外へ」から続けて、ドラマ主題歌「SUN」、シングル曲「くだらないの中に」、「地獄でなぜ悪い」など、このままベストアルバムが作れそうなセットリスト。アップテンポな曲からバラードまでを見事に歌い上げ、観客を躍らせ、感涙させ、MCでは大爆笑を誘う、ハッピーで最強のエンターテインメント力を思い知らしめた。 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015】後半戦は8月8日、9日の2日間、同じく茨城県・国営ひたち海浜公園で行われる。

関連記事リンク(外部サイト)

【#RIJF2015】が開幕、椎名林檎の圧巻ステージにはあの男が&初日のトリは[Alexandros]
【#フジロック15】最終日レポート:ノエル・ギャラガー「ドンルク」「ワットエバー」の大合唱で大トリ完遂 ライアン・アダムス、椎名林檎らも圧巻ステージを披露
【#フジロック15】2日目レポート:ミューズ、高スキルと刺激的な映像で魅せる圧巻のロック・ショー! ゲスの極み乙女。星野源など国内勢も大活躍

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP