ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄初アニソンシンガーMICHI セカオワやワンオクら押さえ日韓チャート賑わす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年7月よりスタートしたTVアニメ『六花の勇者』(原作:集英社・ダッシュエックス文庫刊)のオープニングテーマとエンディングテーマの両方に抜擢され、7月22日にCDデビューを果たしたMICHI。台湾音楽配信サイト・KKBOX台湾の日韓チャートを賑わしている。

 MICHIのデビュー曲「Cry for the Truth」がKKBOX台湾の発表する日韓チャートで、映画『進撃の巨人』の主題歌を担当するSEKAI NO OWARIやONE OK ROCKなどの人気アーティストをおさえ、5位を記録。もともと日本のアニメカルチャーに対して敏感な台湾の音楽シーンだが、デビューしたての新人がデビュー早々にTOP10にランクインするのは極めてまれな現象だ。なお、TVアニメ『六花の勇者』は台湾でも日本とほぼ同時期に放送/配信されている。

 8月6日からは台湾の世界貿易センターにて【第16回 台湾漫画博覧会’Comic Exhibition)】が開催、日本でも14日から東京ビックサイトにて世界最大のコンベンション【コミックマーケット88】が開催と、日本のポップカルチャーが全世界に発信されるタイミングで、まだ未知なる存在と言える新人アニソンシンガーMICHIに注目が集まっている。

関連記事リンク(外部サイト)

MICHI特集インタビュー「安室奈美恵に憧れていた沖縄少女、生粋のアニヲタになる」
沖縄初アニソンシンガーMICHI『六花の勇者』テーマ曲でデビュー「沖縄では“オタク”のことを“ゲッター”と言うんです」
板野友美『映画 みんな!エスパーだよ!』カメオ出演で大胆ミニスカ姿披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP