ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、新フラッグシップ「Moto X Play」「Moto X Style」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobility がフラッグシップスマートフォン「Moto X」の第三世代モデルとなる「Moto X Play」と「Moto X Style」を正式に発表しました。Moto X はこれまでシングルモデルで展開されていましたが、新モデルでは主に画面サイズスペックの違いによって、5.5 インチで大容量バッテリーを備えた「Moto X Play」と 5.7 インチで Moto X Play よりもハイスペックな「Moto X Style」のツートップで展開されます。どちらも、アルミフレームとカーブ形状のバックカバーやフロントステレオスピーカーを備えるなど、筐体デザインは共通しています。また、外装は、撥水コーティングが施されているのですが、Moto X Style だけは IP52 等級に準拠しています。このほか、Moto X Style については、米国 GSM キャリアに対応した「Pure Edition」も投入されます。Moto X Play の基本スペックは、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの LCD(ゴリラガラス 3)、Snapdragon 615 1.7GHz ベースの Motorola Computing System、2GB RAM、16GB / 32GB ROM(Micro SD 対応) 、背面に 2,100 万画素カメラ(デュアル LED)、前面に 500 万画素カメラ、3,630mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.1、NFC に対応。筐体サイズは 148.0mm x 75.0mm x 8.9-10.9mm、質量は169g。基本カラーは、ブラックとホワイトで、Moto Maker サイトでカスタマイズでえいます。Moto X Play のモデル番号は XT1562 で、GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(850 / 900 / 1800 / 1900 / 2100MHz)、LTE(Band 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20 / 28 / 38 / 41)に対応しています。Moto X Style の基本スペックは、5.7 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの LCD(ゴリラガラス 3)、Snapdragon 808 1.8GHz ベースの Motorola Computing System、3GB RAM、16GB / 32GB / 64GB ROM(Micro SD 対応) 、背面に 2,100 万画素カメラ(デュアル LED)、前面に 500 万画素カメラ、3,000mAh バッテリー(急速充電対応)を搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac(MIMO)、Bluetooth v4.1、NFC に対応。筐体サイズは 153.9mm x 76.2mm x 6.1 to 11.06mm、質量は 179g。基本カラーはブラック(ダークグレーフレーム、ソフトタッチカバー)とホワイト(シルバーフレーム、竹材バックカバー)の 2 種類で、こちらも Moto Maker サイトでカスタマイズできます。Moto X Style の対応周波数は、GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(800 / 850 / 900 / 1,700 / 1900 / 2100MHz)、LTE Category 6(Band 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 19 /17 / 20 / 25 / 28 / 29 / 40 / 41)に対応しています。WCDMA 800 は FOMA プラスエリア対応??発売スケジュールについては、Moto X Play が欧州、南米、カナダで 8 月に発売予定で、Moto X Style が欧州、北米、南米で 9 月に発売されます。年内には中国やインドを含むアジア圏でも発売されます。日本での発売予定は発表されていません。Source : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 5は一部のマーケットでしか発売されない?高解像度写真も流出
Y!mobile、AQUOS Crystal Yのソフトウェアアップデートを開始、Wi-Fiテザリングの問題に対処
IFTTTに「Spotify」チャンネルが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP