ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラプトンも憧れたタルサ・サウンドの創始者、J・J・ケイルの死から2年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月26日はアメリカのシンガーソングライターJ・J・ケイルの2回目の命日となる。

 1938年12月5日、アメリカ・オクラホマ州生まれのJ・J・ケイルは、60年代にロサンゼルスへと移住し、当初はミュージシャンとしてだけでなくスタジオ技術者としてキャリアをスタートさせた。1972年のファースト・アルバム『ナチュラリー』で確立したブルース、ロカビリー、カントリーを融合したサウンドはのちに“タルサ・サウンド”と称され、同アルバム収録曲の「クレイジー・ママ」はBillboard Hot 100で22位を記録、のちにザ・バンドにもカバーされた。

 いわゆるロックスターのような派手な暮らしを嫌い、約40年にわたりマイペースな音楽活動を続けてきたケイルだが、エリック・クラプトンが“憧れの人”と何度も公言し「アフター・ミッドナイト」、「コカイン」と彼の名曲をカバーしていることはあまりにも有名。2人は2006年にアルバム『ザ・ロード・トゥ・エスコンディード』を共作し、グラミー賞最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバムも受賞している。

 ほかにもジョニー・キャッシュ、レイナード・スキナード、オールマン・ブラザーズ・バンド、ディープ・パープル、サンタナらが彼の楽曲をカバー、今でも多くのミュージシャンからリスペクトされている。

 J.J.ケイルは今から2年前の2013年7月26日、心臓発作のため74歳でこの世を去った。

関連記事リンク(外部サイト)

15年ぶりのソロ作リリースが控えるドン・ヘンリー、68歳に
カルロス・サンタナ、68歳の誕生日を迎える
キース・リチャーズ、23年ぶりのソロ作より新曲公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP