ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ほうじ茶かき氷”の味わいは? ドーナツ店『フロレスタ』のかき氷を食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


この夏、注目のスイーツかき氷。昨今、全国各地で様々なかき氷が登場していますが、今回、体に優しいドーナツ店『フロレスタ』にて“ほうじ茶かき氷”なるものを発見!

かき氷といえば、宇治抹茶味は定番のひとつですが、ほうじ茶とはいったいどんな味なのでしょうか? さっそく訪れてみました。

ドーナツ店『フロレスタ』にて夏季限定かき氷を発見



東京・中央線の高円寺駅から徒歩約5分。『フロレスタ』は体にやさしくおいしいドーナツのお店です。

ドーナツはできるだけ自然で添加物を含まない材料を選び、お店で一つひとつ丁寧に手作り。目鼻が描かれた可愛らしいどうぶつドーナツが販売されているのも魅力。

この日は、季節にちなんだスイカを持った動物ドーナツが販売されていました。



「自家製手作りシロップ フロレスタ・夏のフルーツかき氷」と、看板がお目見え。

さらに入口にも“手作りシロップのかき氷ありマス”と可愛らしい案内が。かき氷食べたい欲も高まります。


店内に入ってみると、森をイメージしたイラストが描かれており、ほっこりと和みます。

ドーナツ店『フロレスタ』の“ほうじ茶かき氷”を食べてみた


ほうじ茶かき氷600円をオーダーし、さて実食。

一口食べてみると、ふわふわ系の氷です。シャリシャリタイプの氷と違い、頭がキーンとならず優しい口どけ。


ほうじ茶のシロップは、ほわ~んと、香ばしいほうじ茶のいい香り。くきほうじ茶でつくられたシロップだそう。

色合いは地味なかき氷ですが、日本人にはなじみのあるほうじ茶は、夏にうれしいさっぱりとした味わい。


トッピングには高知土佐ジローアイスと北海道十勝産特別栽培の粒あん。

このジローアイスは、のんびりと暮らすジャージー牛の低温殺菌した希少なミルクに、土佐ジロー(高知の地鶏)たまごを使い、バニラは香料ではなく、オーガニックのバニラビーンズを用いたこだわり自然派のアイスクリーム。

クリーミーで本格派のアイスはかき氷と一緒に食べると絶品。

“ほうじ茶シロップ”דバニラアイス”ד粒あん”。厳選された素材とほうじ茶のコラボがたまりません。


『フロレスタ』のかき氷は、ほうじ茶のほかにも、おいしいくだものでシロップが手づくりされ、日替わりで色々なフルーツが登場するのだそう。

また、今回ご紹介したのは『フロレスタ』東京・高円寺店ですが、高円寺店以外にも、全国各地のドーナツ店『フロレスタ』にて販売中。

ドーナツ同様優しい味わいのかき氷。お近くのかたは訪れてみては。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

取材・文:erini 企画:ガジェット通信
こんな求人見つけました
かき氷スイーツフロレスタドーナツ

『フロレスタ』店舗情報
店舗一覧

http://www.nature-doughnuts.jp/shop/index.htm

かき氷

http://www.nature-doughnuts.jp/menu/shavedice.htm

※テイクアウト可
※一部取扱のない店舗があります。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP