ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナ雪越えの大ヒット!(※アルゼンチンで) 『人生スイッチ』予想外の展開に観客もドはまり

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

poster2
87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作『人生スイッチ』が7月25日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマライズ他にて公開となります。

アカデミー賞の他、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にも正式出品され、そのあまりにも斬新な面白さで話題をさらい、本国アルゼンチンで公開するやいなやあの『アナと雪の女王』の2倍以上の興行収入を記録したアルゼンチン史上最大のヒット作。

本作は、名匠ペドロ・アルモドバルがプロデュース。人生において、決して押してはならないスイッチを押してしまったがために、不運の連鎖に巻き込まれる6人の男女を落ち様を全く新しい手法でユーモアたっぷりに描いたブラック・コメディです。

その先読みを許さない展開と、予想を超えた、みたこともない圧巻のラストの衝撃に、世界中の映画通は舌を巻き、そして爆笑! 名匠ペドロ・アルモドバル製作×鬼才ダミアン・ジフロン監督が放つ異色な一本なのです。

一般試写会の際に実施したアンケートでも「衝撃」のコメントが続々。一部をピックアップしてご紹介します。

<衝撃度80%以上!→66名(153名中)>

・ギャグの仕掛けが息をつく暇もないほど。ブラックすぎるのにすごく笑えた。(40代女性)
・これは面白い!導入部でしかないのに、この見事な展開!ありえなさ!大笑いしました。これは劇場で見て、他の観客たちと大笑いしたいですね。大人のコメディです。(40代男性)
・ミステリーのようなハラハラ感から始まり、続きがどうなるのか予想がつかなかった。(20代女性)
・とにかく驚きました。観ながらほぼ硬直です。(30代男性)
・わからないと言えばわからないのかも!しかし衝撃的なのは間違いない。(20代女性)
・面白い!ヤバいですね、これ。ブラックなんだけど、そこがまた面白い。ハマりました。(30代女性)
・コメディのジャンルでありながら会話、カメラワークに芸術性があり絵画のようなコメディ作品に仕上がっていた。(30代男性)
・何気ない会話だったのが、途中からどんどん登場人物が連鎖していき、ラストまで一気に引き込まれた。最強のブラックジョークでしたね(20代男性)
・実際にはやりすぎでドン引きなのが正直な感想なのですが、今までなかった映画。(40代女性)
・思わぬほうに進んで行く。それでもリアリティーがありとても面白かった。描かないことで表現することはとてもうまかった。やられたことは、本人にしかわからない。少し恐ろしいけどとても笑えた。(20代男性)
・意外な展開に一気に引き込まれた。ブラックな感じが凄い好み。流石アルモドバル作品!(40代男性)

http://jinseiswitch.gaga.ne.jp/

(C)2014 Kramer & Sigman Films / El Deseo

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。