ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoProを超える交換レンズ4Kカメラ?「Z E1 Camera」に注目が集まる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

交換レンズが使える世界最小のウルトラ・ハイ・デフィニション(4K)のマイクロ 4/3カメラが開発され、話題になっている。

・PanasonicとOlympusの交換レンズが使える

GoPro並みの小ささで、デジタル一眼レフカメラ並みの画像表現ができるのが、世界の注目を集めている理由だ。幅75.2 mm、高さ56.1 mm、厚さ27.5 mmの小さなカメラだが、PanasonicとOlympus MFT 交換レンズが使える。

魚眼レンズからズームレンズへ、取り替えもすぐにできるので、小さくても本格的なカメラとして旅行にも重宝しそう。

Wi-FiとBluetooth も標準装備。アプリ経由で撮影や画像のシェアも簡単だ。

現在「Z E1 Camera」は、Kick Starterで4万ドルの出資目標を大幅に上回る、21万9000ドルをすでに集めている。今なら599ドルでボディーとMFT レンズマウントのセットを予約注文できる(日本への送料は50ドル)。

出資金を利用してイメージセンサーなどの開発を完成させ、2015年11月に商品を発送予定だ。

・最高の写真クオリティーを低価格で

何千ドルもする最高品質の画質を、安く、簡単に提供することを目標に開発された、「Z E1 Camera」。

ポストGoProとして、レンズにこだわる世界のカメラ好きの注目を集めている。

E1 Camera

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP