ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏バテ防止にも!?都内でオシャレな絶品カレーが食べられるレストラン3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

関東地方もとうとう梅雨明け。本格的に暑~い夏がやってきた。一般的に食欲が減退してしまう夏でもなぜか食べられてしまうのが「カレー」。せっかく食べるならちょっとリッチにオシャレな雰囲気の中で“夏カレー”を、ということで夏季限定のカレーメニューを提供しているお店をチェック。気になったらすぐに行ってみて。

1.【アフタヌーンティー・ティールーム】「チキンマッサマンカレーとフォカッチャのプレート」
“世界で最も美味しい食べ物”として日本でも人気の、タイ南部のご当地カレー「マッサマンカレー」をアレンジしたメニュー。スパイスシーなだけでなく、まろやかでコクのある美味しさが特徴。ナンではなく、食事パンとしても人気のフォカッチャが付いてくる。 税込1,400円(フードセット<紅茶付き>1,400円~)。(http://www.afternoon-tea.net)

2.【セルリアンタワー東急ホテル】「野菜と穀物のスパイシーカレー 菜園仕立て」
「第14回東急ホテルズ料理コンテスト」のグランプリを受賞メニューで、卵以外は植物性の食材を活用した斬新なカレー。カラフルで美しい盛り付けがとても印象的。見るだけでも元気が出てきそう!前菜(ランチはサラダ)・スープ・カレー・デザート・コーヒーまたは紅茶とのセットで、ランチタイムは1名2,500円、ディナータイムは 1名3,000円(いずれも税・サ料込み)。ガーデンキッチン「かるめら」にて。(https://www.ceruleantower-hotel.com/)

3.【資生堂パーラー】「プレミアム和牛カリーライス」
2015「夏のGINZAカリーフェア」開催中の銀座本店でのみ食べられるメニュー。和牛の三枚肉のなかでも特別柔らかい部位だけを選び、エスパニョールソースでじっくり煮込んである。とろけるような牛肉と玉ネギの甘味を加えたカレーソースとの組み合わせは絶品。価格は5,000円(税込・サ料別)。日本橋高島屋店・横浜高島屋店・横浜そごう店・名古屋店では、別メニューで同フェアを実施中。(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000006543.html)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP