ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 ONDA、Core Mを搭載したAndroid 5.1 / Windows 10デュアルブートタブレット「ONDA V919 3G Core M」を発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のタブレットメーカー ONDA が Core M プロセッサを搭載したハイスペックな Android / Windows のデュアルブートタブレット「Onda V919 3G Core M」を発売する模様です。Onda は過去に Windows 8.1 bing と Android 4.4.4 のデュアルブートタブレット「ONDA V919」を発売しています。ONDA V9191 3G Core M はその改良版といった端末です。従来モデルは Intel Atom Z3736F を採用していましたが、新型は 14nm の Intel Core M 5Y10 を採用。RAM 容量は 4GB、内蔵ストレージ容量は 64GB の SATA SSD です。しかも、OS は Android 5.1 と Windows 10 の最新の組み合わせ。Onda V919 3G Core M の主要スペックは、9.7 インチ 2,048 × 1,536 ピクセルの液晶ディスプレイ、Intel Core M 5Y10 800MHz / 2GHz デュアルコアプロセッサ、4GB LPDDR3 RAM、64GB ROM、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、6,000mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi、Bluetooth v4.0、2G / 3G に対応。筐体の厚さは 8.9mm で、質量は 583g。 ONDA V919 3G Core M は Onda-Tablet.com にて発売されますが、まだ商品は未入荷の模様。価格は $399.90 です。Source : Onda-Tablet.com


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、検索結果から商品を直接購入できる「Purchases on Google」を発表
Sony Mobileの「スケッチ」アプリが6.2.A.0.4にアップデート、塗りつぶしやぼかしツールが追加、FB Messengerに統合される
HTC One M9は既にSnapdragon 810 v2.1を搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP