ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トム・ヨークがレディオヘッド結成前のバンドで“アノ曲”演奏する映像発掘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 トム・ヨークがレディオヘッドを組む以前のバンドにて、人気曲「ハイ・アンド・ドライ」の初期バージョンを演奏しているビデオが発掘された。同映像では、20歳のヨークがオールド・メロディック・パンク・バンド“Headless Chickens”と一緒に演奏している姿が見られる。

 ヨークは、Headless Chickensがパンクシーンのあったイングランド南西部エクセターにて、デ・ラ・ソウルやEatのオープニング・アクトを務めるなど、一時的に注目された後にグループを離れたとのことだ。Consequence of Soundが報じている。彼はその後、大学時代のバンド“On a Friday”の元メンバーを再結集し、1991年にレディオヘッドが誕生した。

 「ハイ・アンド・ドライ」は後に、1995年にリリースされるレディオヘッドの2ndアルバム『ザ・ベンズ』に収録されることになる。この貴重な映像は現在、YouTubeで視聴できる。

◎’High and Dry’ performed by Headless Chickens, feat Thom Yorke
https://www.youtube.com/watch?v=UgEJiIAeOwk

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: お祭り番長ピットブル、原点回帰のスパニッシュ・アルバム第2弾
ザ・フラテリス 2年ぶりの新作を引っさげたジャパン・ツアーを開催
フィリップ・フィリップス 初来日を記念したプレミア・ショーケース・ライブに5組10名様をご招待

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP