ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ブラフマン』が大反響! 追加劇場や箭内監督ティーチインも続々決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BRAHMANのノンフィクション映画『ブラフマン』が、満席回続出の盛況っぷりとなっている。渋谷HUMAXシネマで7月18日(土)~31日(金)の追加上映が決まったばかりだが、新宿バルト9およびイオンシネマ名古屋茶屋、梅田ブルク7でも上映期間延長も決定した。もともとは7月17日(金)までの予定が、7月24日(金)までの1週間上映追加となった。

さらに、渋谷HUMAXシネマでは、追加上映&大ヒットを記念して、7月21日(火)18:30~の回上映終了後に箭内道彦監督によるティーチインの実施が決定した。すでに2週間限定にもかかわらず、リピーターが続出している本作。本編鑑賞後の観客が対象なので、内容の濃い撮影秘話が聞けそうだ。ティーチインの回のチケットは、7月18日(土)より渋谷HUMAXシアターの劇場HPおよび劇場窓口で購入可能。

感想ツイートが盛り上がっているのもこの作品の特徴だが、Twitterを見てみると、なぜか牛丼、カツ丼を映画鑑賞後に食べに行く客が続出している。予告編でドラムのRONZIが“一番好きな食べ物はカツ丼です”と話しているが、それと関係があるのだろうか? 本編ではどんな登場の仕方をしているのか気になってしまい、それを確かめに行く人まで出る始末だ。そのほか多く見られるのは、“バンドマン必見”、“曲作りのあんなところまで見せてしまうとは”、“まさに剥き出し”など、気になるコメントばかり。

それもそのはず。本編では、2年10ヵ月ぶりの新曲「其限~sorekiri~」の歌詞に込めた思い、メンバーたちがどんな方法で曲を組み立てていくのか。ヴォーカルのTOSHI-LOWがどんな思いで、どんな風にこの歌詞を書いたのかなど、曲作りに関して、普段は絶対見られないようなところまで、まさに剥き出しで映し出されている。映画を観たあと、「其限~sorekiri~」の聞こえ方がまったく違ったものになるはずだ。

7月25日(土)からは、札幌、水戸、新潟、名古屋、広島、大分、鹿児島での上映もスタートする予定で、上映を待ちわびるファンたちのコメントも殺到している。そんな中、さらに9月26日(土)から山形、和歌山、京都での上映も決定した。まだまだこの夏の映画『ブラフマン』熱は盛り上がりそう!

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
映画『ブラフマン』 オフィシャルHP
BRAHMAN、20周年記念ライブ「尽未来際 〜開闢〜」ゲストバンド解禁

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP