ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今回はここで休憩!帰省や旅行時にぜひ立ち寄ってみたい、今話題のサービスエリア(SA)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐお盆。車での帰省や旅行時の休憩場所は、旅の思い出に係わってくる重要な問題でもある。各サービスエリアの新規オープンの店舗情報をしっかりチェックして、長旅に備えておこう。きっと楽しい旅になるはず。今日は、幹線高速道路の東京近郊サービスエリアの情報をチェック。

1.【東名高速道路・海老名SA(下り線)】「R.B.Foodiis Cube Plaza」
まずは、東名下り線、最初のサービスエリアである海老名SAに7月14日(火)オープンするフードマーケット。台湾のアップルマンゴーをふんだんに使った台湾スタイルのスムージーや、夜市の名物「焼き小籠包」などの本格的なアジアンメニューも。(http://sapa.c-nexco.co.jp/special?id=680)

2.【中央高速道路・談合坂SA(上り線) 】「食べログ物産展」
中央高速・談合坂サービスエリア(上り線)で開催中の物産展。食べログでは初となる物産展で、食べログの“ベストレストラン2014”に輝いた店舗のお取り寄せグルメを集めたもの。ベストスイーツ第7位にランクインした兵庫「パティスリー ミラヴェイユ」の焼き菓子や、同17位の東京「い志い」の「お米のロッシェ」など、食べログユーザーの口コミ評価を元に厳選されたお取り寄せグルメ100品以上が一堂に。旅のお土産にもGood!(http://tabelog.com/campaign/nexco_event/)

3.【常磐自動車道・守谷SA(下り線)】「Pasar守谷(下り線)」
7月1日に 守谷サービスエリア(下り線)内にオープンしたばかりの道ナカ商業施設。フードコートでは、「とんかつ まい泉」や「焼肉トラジ」など、高速道路初出店となる4店を含む計7店の味が楽しめる。また、フランスパン専門店「メゾンカイザー」の木村周一郎氏が、フランスパンだけに使われている伝統的な手法をさまざまなパンに応用した本格派ベーカリー「PAiN au TRADITIONNEL」も話題。(http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h27/0402/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP