ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadを“ラップトップPC化”するキーボードがTypoから登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PCは最近小型化されてきているものの、持ち歩くには重い。かといって、スマートフォンの小さな画面で連続入力するのも辛い。

そんなときに、便利なのがタブレット端末。このほどTypoからリリースされたiPad専用キーボードを使えば、iPadがさながらラップトップPCとなる。

・PC並みのタイプスピードに

このキーボード、物理ボタンによるものなので、「タッチ入力では素早いタイプができない」と感じている人の解決策にもなる。

キーボードは主に2つの部分から構成される。1つは、文字入力に使うキーボード部分。そしてもう1つはiPadを支えるカバーだ。

この2つはマグネットで一体化させられる。そして、キーボードとiPadはBluetoothで連携し、スムーズなタイプ入力ができる。キーの押した感触はソフトで、PC並みのタイプスピードになるという。

・ファンクションキーも

また、iPadならではのファンクションキーが用意されているのも特徴だろう。検索、連絡先、カレンダーといった機能専用のキーがあるので、素早く操作できる。

そして、キーボードを使用しないときはiPadのカバーとして使えるので、端末保護にも役立つ。

キーボードの充電はUSBで。使用頻度にもよるが、断続的に使っても1回のフル充電で数日はもつとのこと。

価格はiPad Air用、iPad Mini用ともに189ドルとなっている。

Typo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP