ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: 王道・不動のアメリカンポップスここに!R5待望の2ndアルバム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アール・ファイヴは、ディズニー・チャンネル『オースティン&アリー』で主演をつとめた、ロス&ライカーの兄弟率いる、ポップ・ロック・バンド。2013年にリリースしたデビュー盤『ラウダー』が全世界でスマッシュヒットを記録し、ワールドツアーも成功をおさめた。着実にキャリアアップを図り、満を持してリリースされるのが、2ndアルバムとなる本作『サムタイム・ラスト・ナイト』。

 期待通りといえる。

 今作にはどんなサウンドが詰まっているのか…フタを開けた時の率直な意見として、まずそういいたい。それが、ネガティブな意味としてとられるなら、それはお門違いで、これほど忠実に、アーティストとしてのイメージを崩さない姿勢は、これ以上ない貢献を果たしたといってもいいと思う。

 リスナーが求めている彼らの音楽は、不動の、王道の、アメリカン・ポップス。

 たとえば、先行シングルとしてリリースされた「レッツ・ノット・ビー・アローン・トゥナイト」では、ワン・ダイレクション直結のスタンダードなポップ・サウンドを再現。マルーン5を彷彿させる「リピーティング・デイズ」や「ライトニング・ストライクス」といった、スタイリッシュなグルーヴもあれば、フォール・アウト・ボーイをマイルドにしたような「オール・ナイト」などもあり、アメリカン・ポップスの王道ともいえるサウンドを、見事に表現している。

 ひと息つきたい時のメロウチューンが、随所に散りばめられていないのが残念なところだが、その分発揮した、バンド形態としての彼らのロック魂が爆発したナンバーが、本作の聴きどころ。冒頭の「オール・ナイト」~「ダーク・サイド」、アルバムが終盤に差し掛かっても、未だパワーが途絶えない「ディド・ユー・ハヴ・ユア・ファン?」や「ドクター、ドクター」あたり、1stアルバムからのパワーアップが感じられる。

 どちらかというと、フロアを賑わせるデジタル型のダンスチューンが主流だった今日に、スタンダードな彼らのサウンドが、逆に新鮮に感じられるかもしれない。アイドルグループの典型的形態である、ここから巣立ってソロとして大活躍するという、化けたシンガーが輩出されるか…というのも、今後の彼らの展開としては楽しみなところだが、まずは本作『サムタイム・ラスト・ナイト』を、マスターしてからのお話。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『サムタイム・ラスト・ナイト』
アール・ファイヴ
2015/7/10 RELEASE
2,646円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

タワレコ<ネクスト・ブレイカーズ>表紙を飾る、“イヤーズ&イヤーズ”って誰だ!?
マルーン5×アレッソ、「ディス・サマー」リミックスでビッグコラボ実現
ジャスティン・ビーバーの友人 サメに襲われ負傷するも「いい日だったよ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP