ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

庄司紗矢香のベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ」全曲録音シリーズ、完結編が第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、庄司紗矢香のベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ」全曲録音シリーズの完結編が第1位。2009年12月の録音から始まった庄司紗矢香とジャンルカ・カシオーリの全曲録音。共演を重ね、アンサンブルに磨きがかかった集大成である。誰もが知る伸びやかで明るさに満ちた第5番「春」、穏やかで美しさ溢れる第6番、ベートーヴェン円熟期の第10番と、全体を通して優美さと幸福感が感じられる選曲となっている。

 第2位はフジテレビ『ホンマでっか』に出演の児玉光雄(右脳開発トレーナー)が監修した『0歳からの育脳クラシック』がチャートイン。161回というチャートイン記録を持ち、親子からの圧倒的な人気盤であることを示している。<Disc-1:右脳に働きかけるクラシック>と<Disc-2:優しい心を育むクラシック>の2枚組CDとなっており、誰もが知る名曲を中心に全28曲を収録。作曲家の時代は幅広く、楽器編成もピアノ独奏、室内楽、オーケストラと多彩で、大人も子供も楽しめる選曲となっている。

 第3位は高嶋ちさ子のニューアルバム『STRINGS ON FIRE』がチャートイン。次男(5歳、2015年時)のチェロとの初共演であるオリジナル楽曲「いつか二人で」、“12人のヴァイオリニスト”と共演したバッハ「主よ人の望みの喜びよ」、高嶋ちさ子以外全員男性のピアノクインテット“男組”と披露するアグレッシブなアレンジで収録したベートーヴェン「交響曲第9番歓喜の歌」、モーツァルト「交響曲第40番」など、多彩な内容となっている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

7月13日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
ワンオク 米ワーナーと契約、北米で『35xxxv Deluxe Edition』リリース&北米ツアーも開催
GEM、the brilliant green【a-nation】“pulse-ZERO”出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP