ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JR渋谷駅ホームで『ラ王』の冷やし中華が食べられる食堂が大盛況! 1杯263円で激安(笑)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日清の『ラ王』といえば、「まるで生麺」のようなテイストを堪能できるインスタントラーメンだが、その冷やし中華をその場で食べられる食堂が、JR渋谷駅のホームで人気を博している。

・『ラ王』の冷やし中華
日清は『ラ王』の冷やし中華(袋麺)をスーパーやコンビニで販売しているが、この食堂では、お金を払うだけで肉や野菜が盛られた『ラ王』の冷やし中華を作ってくれるのである。つまり、普通の食堂で冷やし中華を食べるような感覚でインスタント麺を堪能できるのだ!!

・食堂に入って会計をするだけ
店内に入り、レジで263円を払い、8~10分ほど待つ。すると、チャーシュー、卵焼き、きゅうり、カニが盛られた『ラ王』の冷やし中華が登場!!

・たった263円で具だくさんの冷やし中華
家でインスタントの冷やし中華を食べることはよくあるが、正直、ここまでしっかり具を用意して食べることはない。むしろ麺だけ食べてた!! そういう観点からすれば、たった263円で具だくさんの冷やし中華が食べられるのはとても嬉しい。

・具と麺の相性もバツグン
実際に食べてみたが、確かにインスタント麺とは思えない滑らかでコシのある食感!! 具と麺の相性もバツグンで、キリッと冴えるしょうゆダレが、きゅうりやチャーシューの旨味を増す。

もう少しだけ麺がキンキンに冷えていればパーフェクトだったが、これでもじゅうぶん満足。女インスタント麺評論家の神楽坂優子先生は、以下のように語る。

・神楽坂優子先生のコメント
「日清『ラ王』の冷やし中華は、太めでツルツルとした表面が特徴なんですよ。レシピどおりの湯で時間でも良いのですが、湯で時間を20~30秒ほど短縮すると、よりコシが強くなり、リズミカルな動きで食感を楽しませてくれます。しょうゆダレは若干鋭いのですが、そのパンチ力こそ『ラ王』の冷やし中華の個性といえます。ビールと一緒に食べると格別ですよ!!」

・近所の食堂の冷やし中華と食べ比べ!?
家庭で作るインスタントラーメンや冷やし中華は手を抜きがちだが、こうして誰かがしっかり作ってくれるのは非常に嬉しい(笑)。近所の食堂の冷やし中華と食べ比べてるのも楽しいかもしれない。

https://youtu.be/8Q_9zdENUBA

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/07/rao/

Via: ラ王の冷やし中華 http://www.rao.jp/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP