ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ありきたりなキーボードのデザインに新風!?“羽を広げた蝶”のような斬新なデザイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近のテクノロジーの発達は目覚ましい。にも関わらず、PCのキーボードはずっと基本的に形は変わっていない。

そんな私たちにとってなじみ深いキーボードの形状に新風を吹き込んでくれそうなのが、「The Model 01」というキーボードである。

・蝶が羽を広げたような形状のキーボード

一見すると、まるで羽を広げた蝶のように見える不思議な形状をしているが、これが人間の手になじむよう設計されているという。

・片手ずつに分かれた、目新しい構造

片手ずつに分かれたキーボードになっていて、それぞれが普通のキーボードを半分に切ったくらいの大きさ。片手の指が届く範囲に、キーが収まるようになっている。

開発元のKeyboardioでは3Dモデリング技術を学習し、人間工学に基づいたデザインと機能性を追求。いくつかの試作を踏まえ、ようやくこの「The Model 01」の完成形にこぎつけた。

・ベース部分には木材を採用

普通キーボードというと、プラスチックを用いていたり、あるいはメタリックなデザインのものが多かったりする。

ところが、この「The Model 01」では、あえてベース部分に固いカエデ材を採用。このおかげで、触れた感じはまるで楽器のギターのような質感になっていて、インテリアとしてもオシャレな印象になっている。

・隣り合うキーも押しやすいよう設計

キー部分は、タッチしやすいよう配慮されたスイッチ構造になっていて、指が移動して隣のキーにスムーズに触れられるように設計されている。

通常のキーボードでは端のほうに設置されているCTRLやDELキー、上部に並んでいるファンクションキーなどは、「The Model 01」の親指側に配置されているなど、今までとは少し違った使用感になるので、慣れるのに時間がかかるかもしれない。

とはいえ、左右のパーツに分かれるという斬新なデザイン、無駄な指や手の移動を強いることのないコンパクトさは、この新たなキーボードの大きな魅力だろう。

・Kickstarterでキャンペーンを開催中

現在、Kickstarterでキャンペーンを開催中の「The Model 01」。気になる人はお早めにチェックを。

The Model 01

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP