ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】クリックしてスポーツを支援!世界をめざす選手をサポートする「スポクリ」が熱い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワールドカップで大活躍中の、なでしこジャパン。

今でこそ脚光を浴びる彼女たちだが、ほんの数年前までスポンサーもなく、過酷な状況にあったことは、誰もが知るところだ。

なでしこのみならず、日本は海外に比べてスポーツに対する支援が、消極的だと言われている。いわゆる花形スポーツ以外には、補助金すらつかないのが現状だ。

そんな中気概を見せているのが、「スポクリ」である。このたび、新サービス「スポクリ動画広告」もリリース。日本のスポーツ支援拡大に向けて、着々と準備を進めている最中だ。

提供元のJMS、代表取締役、衛藤 涼太(えとう りょうた)氏が、取材に応じてくれた。

・1秒2円の動画広告でスポーツを支援

Q1:まずはさかのぼって、「スポクリ」提供のきっかけから、お聞かせください。

2008年の北京オリンピックが、大きなきっかけでした。

マイナースポーツでオリンピックをめざす選手の特集を、TVで放映していたのですが、彼はオリンピックの代表候補にも関わらず、アルバイトをして、遠征費用や用具を、自腹で賄っているようでした。

日本を代表してオリンピックに出場するのに、自腹で遠征に行かなければならない。(中略)なんとか(選手のために)遠征費などを、自腹で払わずにすむ状況を、作り出したいと思いました。(中略)

そこで「クリック課金型の広告」と、「スポーツ支援」を組み合わせれば、スポンサーにとっても、メリットのある支援の仕組みを作れると思い、立ち上げたのが「スポクリ」です。

Q2:「スポクリ動画広告」とは、どんなサービスなのでしょうか。

まず「スポクリ」は、クリック課金型の広告によって、スポーツを応援するサービスで、ボタンをクリックすることで、対象のスポーツを支援できる仕組みです。(中略)

今回リリースした「スポクリ動画広告」では、ボタンをクリックした後、スポンサーの動画広告が流れます。(中略)動画広告を見てもらうことで、よりスポンサーのサービスや商品について、理解してもらえるようになっています。(中略)

動画広告の長さ1秒につき、2円をスポンサーからいただき、そのうち1円を、スポーツ支援金として支払います。

・もっと身近にスポーツを楽しめる環境を作りたい

Q3:今後の展開について、教えてください。

これから東京オリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツはより盛り上がっていくことが期待されます。

企業もスポーツ支援に前向きになりつつあるため、より多くのスポーツの支援ができる体制を整えていく予定です。

特に障害者スポーツに関しては、まだ支援が少ない状態なので、積極的にスポンサーを見つけて、支援できればと思っています。

Q4:「スポクリ」の最終目標は、どこにあるのでしょうか。

「スポクリ」をスタートしてから、日本にはさまざまなスポーツがあることを知りました。(中略)

スポーツの選択肢を増やすことで、多くの方が健康になったり、コミュニティや地域活性化、障害者との交流など、良い波及効果が生まれると考えています。

(オリンピックで)日本が多くのメダルを獲得し、国内が盛り上がることにも貢献したいのですが、もっと長い目で、より身近にスポーツが楽しめる環境を作っていきたい、そう思っています。

スポクリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP