ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

球体型ドラムに2人用マリンバ! ヤマハデザイン展で未知の楽器を体験!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「Two Yamahas,One Passion〜デザイン展2015〜」
多くの楽器の製造を手がけるヤマハと、オートバイなどの製造を主とするヤマハ発動機が合同で展示を行う「Two Yamahas,One Passion〜デザイン展2015〜」が、7月3日(金)から7月5日(日)まで、六本木ヒルズの大屋根プラザにて開催されている。

本展は、2015年春にフランスのデザインビエンナーレにも出展された「project AH A MAY(プロジェクト アーメイ)」の作品に加え、両社のデザインコンセプトモデルや製品を13点展示。

日本初披露となる球体型のドラム馬をモチーフにしたバイクボカロ搭載の歌うキーボードなど、ユニークなデザインや機能を実装した作品が所狭しと並んでいた。

今回は特別に体験させてもらった展示もあるので、その様子も交えたレポートとなる。

ユニークなデザインの楽器たち!

楽器をデザインするヤマハと、主にオートバイをデザインするヤマハ発動機の各デザイン部門が、お互いのデザインフィールドを交換し、制約に縛られず、ユニークで新しい発想によってうみだされたデザインがずらりと並ぶ会場。

公開時、その斬新すぎるコンセプトやデザインから大いに話題を呼んだ作品の実物を体験できるということで、ワクワクする気持ちを隠しきれないまま、さっそく潜入!

「RAIJIN(God of Thunder)」

日本初公開となった球体型のドラム「RAIJIN(God of Thunder)」を特別に叩かせてもらった!

普段はバイクの設計をしているヤマハ発動機のデザイナーの方曰く「演奏者のエネルギーを外へ開放するようなイメージ」で制作されたそう。

内部は、360度どこをみても叩く所があるため、「叩かなきゃ!」という気持ちに自然となる。

さっそく持て余したエネルギーを開放してドラムにぶつけてみる筆者……だが、技術が追いつかず、ただただ楽しく体力を消耗した。

「FUJIN(God of the Wind)」

こちらも日本初公開となる2人用のマリンバ「FUJIN(God of the Wind)」。2人用ということで、なんとデザイングループのリーダー・田中聡一郎さんに助太刀していただけることに(笑)。

こちらも普通の発想では考えられない形状をしており、適当に叩いているだけでも超楽しい……。 しかもハンドルを回せばマリンバ自体が回転する!

「VOCALOID Keybord」

4月に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2015」にも出品された、ボーカロイドのエンジンを搭載した37鍵の歌うキーボード「VOCALOID Keybord」。

まだ試作品だが、5曲分の歌詞のボカロ音声がインプットされ、好きな音階やビブラートを効かせて演奏することができる!

難易度が低めの「きらきら星」に挑戦してみたが、筆者、音階がわからなかったので奇妙な歌になってしまった……。

開発者によると、「商品化はユーザーの求める声にかかっています!」とのことだったので今後に期待したい。

ちなみにこのキーボードについては、来場者全員が体験できるとのこと。是非とも触って楽しんでいただきたい。

両社デザイン部門のトップによるトークショー

ヤマハ株式会社のデザイン研究所所長である川田学さん。ヤマハ発動機株式会社のデザイン本部長である長屋明浩さんによるトークショーも。

「楽器もバイクも同時につくっている会社なんて世界でもそうはいない」と豪語するデザイン部門責任者であるお2人。

ものづくりに向ける情熱」や、両社が領域を越えてコラボすることの面白さが語られた。

FUJIN/RAIJINのデモンストレーション!

「RAIJIN(God of Thunder)」のデモンストレーション!

個性的すぎる衣装を身につけたプロ奏者による全身を使った大迫力の演奏! ダンスのようにダイナミックだった。

「FUJIN(God of the Wind)」の実演は、女性奏者2名による華麗な演奏。滑らかな演奏はそよ風のよう。

川田さん、長屋も交え、楽器で自由にセッション! めちゃくちゃファンキー……!

衣装もあってか、全員が並ぶとものすごい存在感

超かっこいいデザインが集合!

展示物のほとんどが日本初披露となった、「Two Yamahas,One Passion〜デザイン展2015〜」。

ヤマハ及び、ヤマハ発動機のものづくりの真髄と情熱を感じられる、かっこいい作品の数々

残りの展示作品作品を一挙ご紹介!

計器類を排除したバイク「√(ルート)」! 馬をモチーフにしたフォルムで、風と一体になれそうだ。

スタンドに設置し、自ら漕いで充電する自転車「0±0」。

かっこいい3輪バイク「01GEN」。

美しく個性的な造形の電動車いす「02GEN」。

未来への期待をあらわした「03GEN-f」。なんと初披露となった「03GEN-x」。

開催は残すところ7月4日(土)、5日(日)の2日間。入場は無料なので是非ともこの機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

引用元

球体型ドラムに2人用マリンバ! ヤマハデザイン展で未知の楽器を体験!

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP