ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

安倍総理が食べに行くほど美味しい「日本一のハムカツ定食」がある食堂 / 田中食堂

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tanakasyokudo4

ハムカツ定食
600円

東京上野の界隈には、レジカウンターで食べたい料理を伝え、前払いする昔ながらの食堂がいくつもある。食券販売機で前払いする店は多数あるが、それを人がやっている店は減りつつある。

・グルメマニアの間で高い評価を受ける
2015年7月1日、第97代内閣総理大臣の安倍晋三氏がランチで立ち寄り、ハムカツ定食を食べた『田中食堂』も、そんな昔ながらの大衆食堂だ。そしてここ、なによりもハムカツ定食が美味しい食堂として、グルメマニアの間で高い評価を受けている店なのだ。

tanakasyokudo10 tanakasyokudo9

・「匠の業」が凝縮
ここのハムカツ、他店では真似できない「匠の業」が凝縮されている。ハムカツは2枚を半分に切り、4枚にして出される。付け合せはマカロニとキャベツ、きゅうり。定食の場合は漬物、味噌汁、ご飯がついてくる。

tanakasyokudo1 tanakasyokudo2

・生えるように咲き誇る
ハムカツの衣は3層から成り立っており、心地よいザクザクとした食感を生む第1層は、まるで「生け花」のように、衣が外へと向かって咲いている。分厚く見えるが箸でつまむと軽い。それは第1層の衣が表面から生えるように咲き誇っているからだ。

tanakasyokudo3 tanakasyokudo5

・心地よい振動が伝わる
第2層はカリカリで硬めの衣。食べた瞬間に「パキパキッ!!」と、まるで水溜りにはった薄い氷を割ったかのごとく、心地よい振動が伝わってくる。第1層のザクザク、第2層のカリカリ、どちらもクリスピーだが、そこから生み出される食感はまったくの別物だ。

tanakasyokudo6 tanakasyokudo4

・旨味のすべてに作用する
第3層は、しっかりとハムの旨味エキスを吸収した湿っている層。第2層が屈強なため、揚げてもハムの旨味が逃げず、あふれ出た旨味は第3層の衣に吸収されるのだ。すべての層が、旨味のすべてに作用する。

tanakasyokudo7

・究極ともいえる衣に包まれたハム
ここのハムカツはソース、醤油、そして「そのまま」、どの味付けでも絶品である。究極ともいえる衣に包まれたハムは、衣に吸収された油と合わさり、ご飯が何杯でも食べられる魅力を得る。

tanakasyokudo8

・ここだけで堪能できる味
ぜひとも持ち帰って自宅でもこの味を楽しみたいと思ったが、残念ながら持ち帰りはできない。ここだけの味を、ここだけで堪能できる。安倍総理が食べに行くのも理解できるというものだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/07/03/tanaka-syokudo/

田中食堂
住所: 東京都台東区東上野3-5-13
時間: 11:00~14:00 17:00~22:00
休日: 土日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13106654/

東京都台東区東上野3-5-13Google Mapで開く

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。