ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】アプリを使って購買促進! o2oの王道「App Scale Manager」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オンラインから消費者の購買行動を促進するo2oマーケティングは、実店舗にとって、今や欠かせないビジネス戦略になりつつある。

このたび、電通ダイレクトフォースがリリースしたのは、その王道ともいうべきサービス。

位置情報や顧客情報に基づいて、各種スマートデバイスの待受画面に、プッシュ通知でメッセージ配信できるソリューション、「App Scale Manager(アップスケールマネージャー)」である。

コミュニケ―ションデザイン本部本部長、古後 淳(こご じゅん)氏に、早速詳しい話を聞いた。

・各種データと連携した高精度なターゲティングプッシュ配信

Q1:「App Scale Manager」提供の背景を、お聞かせください。

スマートデバイスが急速に普及し、消費者の生活の中心に、位置付けられています。

小売業ではオンラインのデータを、実店舗のマーケティングに活用し、(中略)顧客の体験価値を最大化するオムニチャネル化が進んでおります。(中略)

こうした背景の中、当社もスマートデバイスやBeaconといったテクノロジーを駆使し、(中略)さまざまなデータと掛け合わせながら、ユーザーのシチュエーションや心理状態を読み解くことで、スマートデバイス時代のCRM(Customer Relationship Management)に対応したいと考え、「App Scale Manager」を開発した次第です。

Q2:「App Scale Manager」とは、どんなソリューションなのでしょうか。

広告主のアプリを活用して、来店促進や売上拡大を可能にするソリューションです。

ユーザーの位置情報を元に、来店促進などのプッシュ通知を配信する他、広告主が保有する顧客データと連携し、高精度なターゲティングプッシュ配信を行います。

・データドリブン時代のインフラをめざす

Q3:本ソリューションによって企業と消費者は、どのような利益を得るのでしょうか。

企業(広告主)は、来店促進施策のデータを可視化できる他、Beaconを活用し、店舗内でユーザーのシチュエーションに合わせたコミュニケ―ションを、取ることができます。(中略)

一番のポイントは、さまざまな施策の結果を蓄積することで、目標の売上、集客数に対して、どの施策をいつ打ち出していくかといった計画を立てて、KPIの達成度が高められる点です。

消費者はパーソナライズされた情報によって、情報取得のストレスが軽減できる上、これまで自身では気付かなかった情報を、取得できるようになるため、ショッピングや行動が、より有益なものになります。

Q4:「App Scale Manager」は、今後マーケティングの世界で、どんな役割を担っていくのでしょうか。

単にプッシュ通知ができるソリューション、という位置づけではなく、beaconの導入によって、ユーザーのすべての行動データが、取得可能となります。

それは「OOH広告を見た人がその後、来店した」など、これまで取れなかったデータも把握できることを意味します。

そのデータを活用しながら、今以上に予測精度の高いマーケティングプランを提供し、実行することが可能となります。

「App Scale Manager」は、データドリブン時代のインフラになっていくと、自負しております。

アプリにSDKを組み込むだけで、簡単に導入できる本ソリューション。o2oサービス新時代の布石となるか、今後の展開に注目したい。

App Scale Manager

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP