ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸術家・園子温の初の個展 高円寺にて開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、日本映画界でもっとも過激な監督とも言われる園子温さん。活躍の場は日本国内に限らず、2008年公開の作品「愛のむきだし」が第59回ベルリン国際映画祭でカリガリ賞・国際批評家連盟賞を受賞するなど、海外でも高い評価を得ています。

 今でこそ、日本を代表する映画監督のひとりとなった園子温さんですが、その表現者としてのキャリアは決して平坦なものではなく、作品同様、ラディカルそのもの。詩人、絵本作家、伝説的パフォーマンス集団「東京ガガガ」の主宰、水道橋博士とのお笑いコンビ……、あらゆるジャンルを傍若無人に渡り歩いてきました。

 そんな園子温さんの初の個展「ひそひそ星」が、現在開催されています。場所はアーティスト集団「チンポム(Chim↑Pom)」が運営する東京・高円寺のスタジオ・キタコレビル内アーティスト・ラン・ギャラリー「ガーター(Garter)」。同ギャラリーは、今年1月末に閉店したセレクトショップが閉店後にリニューアルされたばかりの注目スポット。園子温さんの初個展は、「ガーター」の第一弾イベントとのこと。

 本展ではその肩書きにこだわらない「芸術家・園子温」としての側面に焦点を当てて、「東京ガガガ」のアーカイブ、新作ハプニングアート「ハチ公プロジェクト」、そして17年ぶりの自主制作映画として制作を終えて、来年の公開を待つ新作「ひそひそ星」のインスタレーションバージョンの3作を展示。

 園子音さんファンであれば絶対に外せない個展。会期は7月26日まで。下記イベント情報をチェックの上、是非、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

【イベント情報】
http://chimpom.jp/artist-run-space-jp.html
会期:6/26(金)-7/26(日)※水曜休み15:00-20:00
会場:ガーター(Garter) 東京都杉並区高円寺北3-4-13キタコレビル内
入場料:500円

■関連記事

戦後70年、手塚治虫が『アドルフに告ぐ』で伝えたかったこととは
けもの道の状態から、いかに日本の道路は発展してきたのか?
ウンチクも面白い 人気作家の「近代建築巡り」

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP