ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニュージーランドから来た“あったかい”ヴォーカル・トリオ、ソレ・ミオ デビューアルバム初登場第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsの第1位は、南太平洋の島サモアの血を引く、ニュージーランド人ヴォーカル・トリオ、ソレ・ミオ(Sol3 Mio)の日本デビューアルバム『オー・ソレ・ミオ 癒しのオーシャン・ヴォイス』となった。2013年にリリースし、母国ニュージーランドで同年の最速売上記録を樹立したこのアルバムは、大きな体から響き渡るあたたかい歌声、兄弟・従兄弟ならではのハーモニー、そしてユーモラスなパフォーマンスで話題となった。6月24日のアルバム発売に合わせ初来日して行ったショーケース・ライブでは、ボーナストラックとして収録した「あったかいんだからぁ♪」でクマムシと共演を果たした。

 第2位は“ビートルズをクラシックで”をコンセプトにデビューした女性カルテット、1966 QUARTETの初のベスト盤がチャートイン。ビートルズ、クイーン、マイケル・ジャクソンをカヴァーした5枚のアルバムから、人気ナンバーや、各メンバーがソロフィーチャーされている楽曲などを収録した。本リリースを記念し7月には全国3か所でライブが行われ、10月には銀座・王子ホールでのコンサートも予定されている。

 第3位は、レナード・バーンスタインとベルリン・フィルとの唯一の共演盤。同じユダヤ系であるマーラーに大きな共感を寄せていたバーンスタインによる、1979年10月にライブ録音されたこの交響曲第9番は、その情熱的な鬼気迫る演奏から、数あるマーラー9番のなかでも名盤とされてきた。6月24日には、没後25年を記念し、ファン待望のSACDーSHM仕も発売された。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

7月6日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
NEWS「チュムチュム」3指標で1位、大差でビルボード総合首位獲得
カーリー・レイ・ジェプセン、洋楽チャート1位に返り咲き! ウィズ・カリファ首位最長記録更新ならず

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP