ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イエスのベーシスト、クリス・スクワイア(67)が他界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プログレッシブ・ロック・バンド、イエスのオリジナルメンバーでベーシストのクリス・スクワイアが亡くなったことが、6月28日に出されたバンドメンバーからの声明により明らかになった。67歳だった。スクワイアは先日、白血病を患っていることを明かしていた。

 イエスはフェイスブックにステートメントを投稿し、スクワイアが27日、住んでいたフェニックスにて「安らかに息を引き取った」と発表した。死因についての詳細などは明かされていない。

 スクワイアは先月、急性骨髄白血病の稀なタイプである、急性赤白血病を患ったことを発表。亡くなる前まで治療を受けていたそうだ。

 イエスのメンバーであるアラン・ホワイト、スティーヴ・ハウ、ジョン・デイヴィソン、ジェフ・ダウンズによる声明には、「我々の親愛なる友人でありイエスのオリジナルメンバーでもあるクリス・スクワイアが、亡くなったことを皆さんにお伝えしなければならないことは、我々にとって最も心が重く、忍びがたい悲しみである」と綴られている。

 1948年3月4日にロンドンで生まれたスクワイア。元リード・シンガーだったジョン・アンダーソンと共にイエスを設立し、1969年にバンド名を冠したデビュー・アルバムをリリースした。彼はイエスがリリースした全アルバムで演奏している唯一のメンバーだった。

 バンドによる声明ではさらに、「イエスの存在において、クリスはバンドの要であり、そして多くの意味で、いつもバンドを結びつける存在だった。クリスはその驚異的なベースプレイで、今日の有名アーティストたちを含め、世界中の数えきれないほどのベーシストたちに影響を与えた」と続けている。

 才能に溢れ優れたベーシストだったスクワイアは、1970年代のプログレッシブ・ロック・シーンを率いる1人だった。彼のウェブサイトによれば、若き日のスクワイアは少年聖歌隊に所属しており、それが音楽的才能の基になっているとのことだ。

 1975年にはアルバム『フィッシュ・アウト・オブ・ウォーター』でソロ・デビューを果たし、また、ジミー・ペイジも参加した短期間のスーパーグループ、XYZ(eX-Yes-Zeppelin)でもプレイした。

 昨年にはアルバム『ヘヴン&アース』をリリースしているイエス。グラミー賞受賞歴もある同バンドには、「ラウンドアバウト」や「ロンリー・ハート」などのヒット曲がある。また、8月にはTOTOと共にUSツアーをスタートさせる予定で、スクワイアの代わりはビリー・シャーウッドが担う。

関連記事リンク(外部サイト)

Ms.ローリン・ヒル&コモンが単独来日公演へ、テイラーV.S.アップル、ニュー・オーダーやジャネットなど大物が新作続々:今週の洋楽まとめニュース
スレイヤー、約6年ぶりの新作アルバムを9月発売
交際中のテイラー・スウィフト&カルヴィン・ハリス、“世界で最も稼ぐカップル”に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP