ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!? “燻製ワッフル”誕生! いぶされたワッフルの味とは……?【実食レポート】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


燻製した食べ物といえば、ハムや卵、チーズなどが一般的。スモークされた独特の香ばしい風味が大好きな人も多いはず。しかし、そんな一般的な食材ではなく、“ワッフル”の燻製が食べることができるカフェがあるのです! ワッフルの燻製なんて、もしかすると世界初かも!? 果たしてどんな味なのか、実食レポート!

提供しているのは、東京・吉祥寺にあるCAFE ZENON(カフェ ゼノン)。ノース・スターズ・ピクチャーズが運営しており、『北斗の拳』や『キャッツ・アイ』、『シティーハンター』など、さり気なく漫画作品のモチーフがデザインされた店内で、くつろぎのひとときを過ごすことができます。

※すべての画像・動画入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1020875[リンク]

燻製メニューは4種類

燻製は通常、数十分~数時間かけてじっくりと燻していくものですが、CAFE ZENONではまったく別の作り方をしています。スモーキングガンという瞬間的に燻製にできるマシンを使って、野菜や魚介、ワッフルまで、瞬時に燻製! 食材と一緒に燻製のスモークを瓶の中に閉じ込めた、目でも楽しめる新しい料理『瞬間燻製 Quick smoke』として提供しています。



現在『瞬間燻製 Quick smoke』のメニューは、鶏肉(チキン、キャベツなど)・シーフード(ホタテ、エビなど)・野菜(ブロッコリー、じゃがいもなど)・ワッフル(生ハム、チーズなど)の4種類。





スモーキングガンにスモークチップを入れて着火すると、先端から煙がもくもくと出てきます。その煙を、それぞれの食材の入った透明のガラス瓶いっぱいに充満させれば、もう燻製料理のできあがり! まさに“瞬間燻製”。


瞬間燻製の様子(動画)
https://youtu.be/ZwIdrzlaPtc

燻製なのにみずみずしい!


それぞれのメニューを実食。食べる直前にガラス瓶のフタを開けると、ふわっと中の煙が外に出ていく様子も楽しいです。


鶏肉やシーフードには、燻製の相性はバッチリ。シュワっと炭酸の効いたお酒と一緒にいただきたいです。そして世界初かもしれない、燻製ワッフルのお味はというと……たっぷりのチーズ、ハムを練りこんで焼き上げたワッフルは、燻製の香りが加わることにより、香ばしさ倍増! これはちょっとした軽食にも、お酒にあうおつまみにもなります! 噛むたびに燻製の香りがほのかに口の中に広がり、とっても美味。


また燻製野菜も、これまでにない野菜の味わいに。


スモーキングガンで仕上げるところの良いところは、短時間で燻製できるという点の他に、水分を飛ばしていない食材にも燻製の香りを付けることができるということ。通常燻製は水分を飛ばしてから燻しますが、スモーキングガンではそれが必要ないので、今回食べたメニューはシーフードも野菜もみずみずしい! 燻製なのにみずみずしい食感が味わえるのは新たな感覚。

ワッフルをはじめ、香り豊かな新しい風味の料理をおともに、カフェタイムやちょい飲みを楽しんでみては?

CAFE ZENON(カフェ ゼノン)
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-3
Tel&Fax:0422-29-0711
Open:11:00-24:00(不定休)/Lunch:11:00-15:00
(Food L.O.23:00/Drink L.O. 23:30)
http://www.cafe-zenon.jp/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP