体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像たっぷり】ダサ坊からロックスターまで華麗に演じる長谷川博己がスゴすぎる! 映画『ラブ&ピース』

love_and_peace.200

『新宿スワン』が大ヒット中、『リアル鬼ごっこ』『みんな!エスパーだよ!』と公開待機作にも期待が高まる、園子温監督。ものすごいハイペースで映画を撮っている園監督ですが、中でも「この作品は俺の魂の集大成だ」と語る『ラブ&ピース』が、いよいよ本日より公開となりました。

『ラブ&ピース』は、園監督の新境地となる怪獣特撮映画。初の特撮技術を用いて演出し、崩壊する東京の街に巨大化した“LOVE”=愛の怪獣が現れるという奇想天外な設定ながら、『トイ・ストーリー』の様な心が切なくなる描写多々! それでいて、自分に自身の無い一人の男が繰り広げるラブストーリーでもあり、これまで観た事の無い不思議な映画なのです。園監督作品なのに泣けるという、この衝撃。

2O2C0451a

本作で主人公の鈴木良一を演じるのは、長谷川博己さん。ドラマ『セカンドバージン』で注目を集めると、『鈴木先生』『家政婦のミタ』『MOZU』などヒット作に次々と出演。今年1月より放送されたフジテレビの月9ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』では、“高等遊民”(ニートを良く言った感じ)という役柄を熱演し大きな話題となりました。

端正な顔立ちに涼しげな眼差し、183cmという抜群のスタイルで、もうどこがどうなっても美しい男性である事は間違い無いのですが、先に紹介した『デート〜恋とはどんなものかしら〜』や、園監督作品『地獄でなぜ悪い』など、“浮き世離れしたダメ男”を演じさせたら右に出るものはいない長谷川さん。『ラブ&ピース』では、職場でも電車や道端(!)でも皆に虐げられ、すぐにお腹が痛くなってしまう気弱な男から、ひょんな事からミュージシャンデビューし、スターダムに上り詰めて行くという難しい役所に挑戦しています。

サブ5

ダサ坊時代の鈴木良一。

2O2C1977

ロックスターとして大人気の鈴木良一。

love_and_peace.162_h

さらに上のステージをのぼっていく鈴木良一。どうですか!? この超振り幅な役を演じられるの、長谷川博己さんしかいないんじゃないでしょうか!? 写真を観ただけでも彼の表現力の高さ、彼を起用する園監督の手腕に感動してしまいます。よく「モテない男」役でイケメン俳優が起用されて「貴様、どう考えてもモテるだろうが?」と思う時ってあると思うのですが、長谷川さんはそんな事ありません。ダサ坊時代はしっかりとダサさを、ロックスターになれば自信に満ちた格好良さをしっかり出しているのです。

それでは、ここからは場面写真、撮影現場写真を交えながらその変化ぶりをお楽しみください。

サブ3 サブ4 IMG_2948 IMG_2772 IMG_2889

どう考えてもサエない! そして、電車の中で真野ちゃん演じる女子高生に冷たい目で蔑まれるシーンは、人によってはご褒美かもしれません!

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy