ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: 正しく“代表作”として相応しいアウル・シティーの4thアルバム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “アウル・シティー”という名前を世界に轟かせた、2009年のブレイク曲「ファイアーフライズ」。白い帆が水辺に浮かぶ、遠い夏を思わせるアートが印象的なアルバム『オーシャン・アイズ』や、石川遼氏が出演、ビールのCMに起用された、カーリー・レイ・ジェプセンとのデュエット曲「グッド・タイム」など、これまでの形跡をたどっても、[アウル・シティー=夏の風物詩]という定着は、免れない。

 ファルセットを交えた、しなやかで透明感あるアダム・ヤングのヴォーカルと、エレクトロなのにリラックス効果を醸すメロウネスが、そういった“季節の風景”を感じさせるサウンドにつながっている。これが、アウル・シティーの魅力であり、独特の世界観。

 『オーシャン・アイズ』のインパクトをそのままに、『ブライト&ビューティフル』(2011年)、『ザ・ミッドサマー・ステーション』(2012年)と、そのイメージ覆すことなく“景色を音楽で描く”、アート&ミュージックの同化に特化してきたわけだけれど、本作のジャケットが公開された時、「おや?」と…。突然、宇宙に放りだされ、これはアウル・シティーの新たなチャレンジなのか…と、若干戸惑った。

 しかし、箱を開けてみればアウル・シティー・エッセンスはそのままに、冒頭のタイトル曲から、その不安を取り除いてくれる安堵感に浸る。

 “アヴィーチー戦法”を起用した、[カントリー×エレクトロ]という試みを、カントリー本家=アロー・ブラックを招いてコラボする「ヴァージ」、ジャケ写の風景を漂わす、スペイシーな「アップ・オール・ナイト」と続き、スライドするように東京の夜景を駆け抜けるPVが印象的な、SEKAI NO OWARIとのコラボレーション曲「トーキョー」では、日本愛を彼らと掛け合うように歌う。

 一方、先行シングルとしてリリースされた「マイ・エヴリシング」では、ブリティッシュ寄りのオルタナティヴ・ロックを披露。ブリット・ニコールとのデュエットが美しい「ユーアー・ノット・アローン」や、「バード・ウィズ・ア・ブロークン・ウィング」のような、フォークやカントリーがベースになっている、デジタル感を抑えたオーガニック的サウンドもあったり、大きな方向転換はないものの、“アウル・シティーの次の章”を感じさせるテイストは、随所に表れている。

 この夏、名盤『オーシャン・アイズ』のリリースから6年目となる。「時の流れの速さに驚くばかりだ」とのコメントを残しているが、時の流れにただ、流されることなく、自身のポリシーと新旧のサウンドのブレンド、ヴィジョンを確立しているアウル・シティーは、常に新しい風を運んでくれる。

 約3年ぶりの新作『モバイル・オーケストラ』を引っ提げて、今年は【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】の出演が決定。あのサウンドと夏の夜を共にできると思うと、今から胸が高鳴るばかり。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『モバイル・オーケストラ』
アウル・シティー
2015/7/10 RELEASE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

アウル・シティー、『モバイル・オーケストラ』のジャケットをバックに全公演完売の来日公演が終了
アウル・シティー、新ALを7月10日リリース&フジロック出演決定
アウル・シティー SEKAI NO OWARIとの初競演の模様を捉えたMVが公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP