体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガサロン『トリガー』で「仕事を頑張れるマンガ」をオススメしてもらってきた。

看板

マンガは日本を代表する文化だ。そして渋谷は日本を代表する文化の発信地である。

去る6月17日、渋谷に新たなマンガの聖地が誕生した。全てのマンガ好きに運命の一冊との出会いを提供するマンガサロン『トリガー』。そこでしか体験できない、“マンガコンシェルジュ”サービスの模様をお伝えしよう。

“マンガサロン”とは、飲食とマンガを楽しめる”高級なマンガ喫茶”である。

トリガー全体

マンガサロン『トリガー』はJR渋谷駅新南口から徒歩で約5分に位置する。新南口といえば「間違えて降りたら何もない出口で困る」なんてボヤきも聞かれるが、今はもうマンガの新聖地があるのだから何の心配も要るまい。

新南口を出て真っ直ぐ突き当たった歩道橋からに曲がればほどなくして、1Fに中華料理屋のあるビルが見えてくる。そのビルの4Fがマンガサロン『トリガー』だ。エレベーターの扉が開いたとたんに拡がるシックな空間。ここでドリンクと軽食を楽しみながら、じっくりとマンガを読むことができる。通常の営業時間は17:00~24:00で年中無休だ。

“マンガコンシェルジュ”に「読みたいマンガ」をオーダーしよう!

『トリガー』では”マンガコンシェルジュ”が
4000タイトル12000冊の中からマンガを選んでレコメンドしてくれる。

『トリガー』にはマンガに精通した“コンシェルジュ”が常駐している。店長の永田希さん、副店長の兎来栄寿さんは両人とも年間1000冊以上の読書量を誇るマンガ読みのスペシャリストだ。安心して、どんなマンガを読みたいか伝えよう。オーダーは具体的なジャンルの指定でも、抽象的なお題でもOKとのこと。

このごろ仕事の徹夜や会社での連泊が続いて疲れ果てていた筆者はゲーム業界人であることも告げて、「仕事を頑張れるマンガ」をオーダーした。

待つこと数分
「こちらは、読まれたことはありますか?」

編集王2

永田さんよりスッと差し出されたのは土田世紀・作『編集王』
正装のコンシェルジュに差し出されるマンガは、フレンチのコース料理のように厳かでゼイタクな味わいがある。これはマンガ喫茶では絶対に味わえない感覚だ。

恥ずかしながら、筆者はマンガに詳しくなくタイトルはおろか作者も未知の作品である。奥付を見ると、1994年……およそ20年も前の作品だ。オススメされなければ決して出会うこともなかっただろう。

環八

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。