ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう鍵は不要!“指紋認証”で開閉ができるドアが便利すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事や学校を終え、ようやく家にたどり着いたと思ったら、“鍵がない!?”そんな経験、誰にでもあるのではないだろうか?

そんな悲しいトラブルをなくしてくれるのが、指紋認証でドアの開け閉めができる「Ola」だ。

これはクラウドファウンディングサイトのKickstarterにて、出資者を募集中のプロジェクト。

・ハンドルを握るだけで指紋認証

ドアのハンドル部分で指紋を認証できるようになっており、握るだけでスムーズにロックを解除。

まずはスマートフォンのアプリで指紋を登録するのだが、一度登録が完了すれば、スマートフォンが手元になくても使うことができる。

友人や家族の指紋を一時的な鍵とすることも可能だ。

・バッテリー寿命は7年!?

また、このプロジェクトチームが、最も注力したのがバッテリー。

ギネスの世界記録にも認定されている長寿命のバッテリーを使用しており、通常使用で、トータル7年ほど使えるという。

さらに、マイクロUSBポートを搭載し、外付けのバッテリーを使用することもできる。

・159ドルで1つ贈呈

現在、159ドル(約2万円)の出資でOlaを1つ贈呈する枠が最もリーズナブル。

興味を持った人は、まず公式サイトをチェックしてみて。

Kickstarter(Ola)
http://kck.st/1KjZEMv

鍵(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP