体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動いて考える自律型ロボット『家庭用ロボットPatinプロトタイプ発表』

IMG_9824_R

フラワー・ロボティクス株式会社が、東京都港区でFlower Fair 2015を開催したので取材した。
現在開発中の家庭用ロボットPatin(パタン)のプロトタイプを公開し、そのデモンストレーションを行った。

IMG_9822_R

ロボットとはいっても様々で、掃除機から人型ロボットや産業用ロボットまで幅広い。
同社はロボットの設計・開発・製造・販売までトータルで行い、車やスマホのような「ロボットを日常の風景にしたい」という理念で設立されたベンチャー企業である。

IMG_9825_R

今回発表された、このパタンが何かをしてくれるわけではない。しゃべるわけでもない。

IMG_9851_R

登壇した松井龍哉社長は、動いて考える自律型のロボットを作りたいと考えたという。
パタンの上にサービスユニットと呼ばれる、実際に何かをする物体を載せ替えて使う。
実際にデモンストレーションを見てみた。載せたのはライトユニット。

IMG_9880_R

パタンに話しかけてライトをつけてもらう。しかし、光量や色がちょっと強すぎて気に入らないので「もっと優しく」というと…

IMG_9882_R

少し色が変わった。このやり取りは、センサーで声を読み取り、クラウドに情報を蓄積して判断している。
それでも「ちょっと違う」というと、体をゆすって”すねる”。

IMG_9884_R

パタンは少し考えて、また色合いを変えるといったような対話が成り立っている。しかし、パタンの反応は動きとチャイムのような音だけだ。しゃべったりはしない。
このあたりは、報道陣から質問もあったのだが、「過剰な機能は飽きられるという問題があります。あくまでも予測して自律することに主眼を置いているので、家庭環境の中ではBGMのようなもの」ということで、いわゆる「ロボットロボット」した主張はあえてしていないのかもしれない。

ちなみにパタンとは、フランス語でスケートの意味。スケート靴が歩いて(滑って)きて、何かをするというイメージらしい。

IMG_9891_R

他の開発中のユニットでは植物を栽培していた。中に入っているのはイチゴ。ロボットと植物の組み合わせは何だか不思議だ。
現段階では何ができるという明確なものはない。なぜならば、サービスユニットをこれから協業で開発していくからだ。
逆にいうと、サービスユニットによっては「何でもできる」ということになるだろうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会