ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

vistlip ツアーファイナル、智「次の未来に向かって一緒に歩いていこうな」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 vistlipのツアー【ONEMAN TOUR Left side LAYOUT[ idea ]】のファイナルが6月22日に、東京・六本木EX-THEATERで行われた。

 4月24日の東京、新宿BLAZEを皮切りに、全13公演開催された本ツアー。暗転と同時に S.E「To be awake is to be alive」が流れ、ステージを覆い尽くすスクリーンには、メンバーのシルエットが一人ずつ写し出される。映像が「Period」のミュージック・ビデオで使われたインサートカットに変わると、イントロの演奏が始まり、ライブがスタートした。冒頭から「My second B-day」、「Catastrophe」とアルバム「LAYOUT」を代表するハードなナンバーが続く。さらに、智(vo)が「もっと来いよ東京!」と叫ぶと、その声に応えフロア中が熱くなる。アルバムからのリード曲「REM SLEEP」は、メンバーの死を連想させる印象的な映像で話題となったミュージックビデオをなぞるようにシャープな演奏でまとめ、「Another one step」「Bay the rain」「Idea」「Jack」とアルバムからの曲が続く。どれも、本ツアーで練り上げられた完成度の高い演奏ばかりだ。

 「このツアーは不安ばかりだったけど、ついてきてくれてありがとう」「このライブが終わった瞬間から、次の未来に向かって一緒に歩いていこうな」この時間を共にしたファンへまっすぐな言葉を智が贈る。そして、アルバムのクロージングを飾るタイトルナンバー「LAYOUT」で本編も終了。

 アンコールでは「GLOSTER IMAGE」、「HEART Ch.」など、ライブでは欠かせない曲が並び、「暴れに来たんじゃないの?」と、智の煽りで会場が揺れる中、ファイナルナンバー「LION HEART」まで、一気に疾走しライブは終了。「次会う時は俺たちもっとかっこいいぞ」と最後に智。このツアーではアルバムに収録されている全13曲が全て披露された。新たな始まりを掲げたアルバム『LAYOUT』のツアーファイナルらしい、vistlipの今を凝縮し、力強い未来を感じさせるライブだった。photo by 菅沼剛弘

◎開催概要【ONEMAN TOUR Left side LAYOUT[ idea ]】
日程:2015年6月22日(月)
会場:六本木EX-THEATER
セットリスト:
To be awake is to be alive
Period
My second B-day
Catastrophe
REM SLEEP
World is mine
Laser
Another one step
By the rain
Idea
Jack
ROACH
Scapegoat
Good girl gone bed
LAYOUT
ー Encoreー
GLOSTER IMAGE
瞳孔
HEART ch.
Reincarnation
LION HEART

◎リリース情報『OVERTURE』
2015/8/5 RELEASE
LIMITED EDITION<初回生産限定盤>(CD+DVD):MJSS-09148~9
1,500円(tax out)
vister(CD+DVD):MJSS-09150~1
1,500円(tax out)
lipper(CD):MJSS-09152
1,000円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

V系新世代の四天王 己龍/BugLug/R指定/vistlipが全国ツアー開催 「シーンに一石を投じる」
vistlip、最新アー写&新作の最新ビジュアルを解禁
vistlip智「7年やって良かった、応援ありがとう。」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP