ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カルピスから、甘みや塩分が暑さ対策にぴったりな「夏のこく甘『カルピス』」が新発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


カルピスは、2015年6月29日(月)から「夏のこく甘『カルピス』」(500mlペットボトル・140円・税抜)を新発売する。

「夏のこく甘『カルピス』」は、コクのある甘みと塩分が夏にぴったりな新製品。
消費者には、夏の暑さを乗りきるための方法の一つとして「甘み」や「塩分」のある食品を求める傾向があり、塩を使用した食のレシピがここ数年注目であることから「夏のこく甘『カルピス』」を開発した。

「夏のこく甘『カルピス』」に使われる塩は、“宮古島の「雪塩」”。またコクを生み出す“凍結発酵乳”を合わせた。塩をひとつまみ加えることで、甘さを引き立たせている。
“凍結発酵乳”とは、-18℃で保存された、まろやかな発酵風味を有する発酵乳。
ナトリウムを43mg/100ml含んでいるため、熱中症対策にも適している。

パッケージは鮮やかな青パネルの中にダイナミックにグラスを描き、緑の葉もあしらって爽やかな夏のシーンを感じさせる。

お店で、この爽やかな夏らしいデザインを見かけたら、熱中症対策と夏のちょっとひと息つきたい時間のために「夏のこく甘『カルピス』」をお試しあれ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP