ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

INFINITEのツアー最終公演が、WOWOWにて独占放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 INFINITEの最新ツアー【2015 INFINITE JAPAN TOUR –DILEMMA–】の5月6日 最終公演が、WOWOWにて独占放送される。

 本ツアーは2月1日のマリンメッセ福岡を皮切りにスタートし、追加公演として5月5日と6日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

 この日、会場に集まった約24,000人のファンは、ソンギュ、ドンウ、ウヒョン、ホヤ、ソンヨル、エル、ソンジョン、それぞれのイメージカラーのペンライトを持ち、2ヶ月ぶりのライブの開幕を待った。大歓声の中、登場した7人はスタイリッシュな「Back」でオープニング。続けて「Destiny」ではダイナミックなダンスを見せた。MCではリーダーのソンギュから順番に自己紹介。甘いマスクで人気のエルが「皆さんの永遠のボーイフレンド、エルです。盛り上がっていきましょう!」と言うと、客席から黄色い歓声が飛んだ。

 ライブ中盤はシングル曲「She’s back」、「Nothing’s Over」などで盛り上がり、さらには、3月までのツアーでは見られなかった新パフォーマンスも。4月29日リリースの最新シングル「24時間」をアリーナで初披露した。これは音楽プロデューサー・松尾潔によるせつないポップ・チューン。「最初に聴いたときは、あまりにメロディがきれいで鳥肌が立った」と告白したエル。ウヒョンも「本当に名曲です」と思い入れの深さを語った。その後はキラーチューン「Last Romeo~君がいればいい~」や「Be mine」を。イントロから会場全体は大興奮に包まれた。そして、本編ラストはもちろん、ツアータイトルに掲げたシングル「Dilemma」。布袋寅泰が初めてK-POPグループに書き下ろしたハードなロックチューンを歌いながら、一糸乱れぬダンスを決めてみせた。

 アンコールは、会場の「トラワ(韓国語で『戻ってきて』の意味)」コールに応えて「TO-RA-WA」。最後のあいさつになると、ファンたちが掲げたメッセージを見ながら涙ぐむメンバーも。エルが「今日でDILEMMAツアーが終わってしまいました。さびしいですね」としみじみ語り、ホヤは「これからも僕たちの名前のように“無限大”の期待を抱かせるグループになります」と深く頭を下げた。リーダーのソンギュは「皆さんにありがとうと言いたい。すてきな音楽とダンスで、また会いにきます」とファンに感謝の気持ちを伝え、メモリアルなツアー最終日を日本語のバラード「Together」で締めくくった。INFINITEは今年で日本デビュー5年目を迎え、メンバーの日本語も上達。7人それぞれの個性が光るパフォーマンスもあり、シンクロダンスだけではない、さらなる可能性を感じさせる貴重なライブとなった。

◎放送概要
【2015 INFINITE JAPAN TOUR -DILEMMA-】
日時:6月21日(日)15:30 [WOWOWライブ]
収録日:2015年5月6日
収録場所:東京 国立代々木競技場第一体育館

放送予定楽曲:
・Back
・Destiny
・Paradise
・Julia
・Memories
・Nothing’s Over
・She’s Back
・Man In Love
・Still I miss you
・Diamond
・As Good As It Gets
・Trust me、Cover girl
・24時間
・Just Another Lonely Night
・Last Romeo ~君がいればいい~
・夕立
・Be Mine
・Dilemma
・TO-RA-WA
・Together 

関連記事リンク(外部サイト)

INFINITE タイでニュー・シングル「Request」を初披露
INFINITE ニュー・シングル「Request」の配信が韓国でスタート
INFINITE ニュー・シングルのティーザー映像を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP