ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑い夏でもわざわざ食べに行きたい、夏の「冷たい麺」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろ本格的な夏到来!となると食べたくなるのが夏限定の「冷たい麺」。今日は、外がどんなに暑くても食べに行きたくなる夏限定の冷たい麺を3つ紹介。夏の暑さになんか負けないで!

1.【よってこや】「大葉とみょうがの炙り肉冷し中華」
豚肩ロースを使用し、醤油ベースにコチジャンを合わせた特製タレを肉に塗り、直火で炙った“焦がし醤油チャーシュウ”が食欲をそそる一品。具材には、ピリ辛もやしナムルに揚げだし茄子、さらに半熟たまごをトッピング。夏野菜の大葉やみょうがの香りと、ゆず香るマヨネーズがアクセントとなっている。価格は790円(税込)。恵比寿本店、お台場店はグレードアップ商品のため850円(税込)で販売。(http://www.yottekoya.com/)

2.【麺屋黒琥-KUROKO-】「ごまダレ冷やし中華」
ごまの香りとピリ辛ネギがクセになる冷やし中華。食欲がないときでも、食べると元気が出そう。その他にも、自家製マー油(焦がしにんにく油)が入った黒いやみつきとんこつ醤油の「黒琥ラーメン」、上品な旨味が広がるとんこつスープとさば煮干しのWダブルスープを使用した「魚介とんこつラーメン」など、こだわりのメニューが。「ごまダレ冷やし中華」は、渋谷・東神奈川・吉祥寺の3店で販売中。価格は、850円(税別)。

3.【太陽のトマト麺】「塩レモン&カマンベール仕立てのバジチキトマト冷麺」
最後は、女性にも大人気のトマトラーメン専門店から。ジェノベーゼソースとトマトソースを合わせた、暑い夏にぴったりな清涼感のあるトマト冷やし麺。話題の塩レモンで仕立てた“葱レモンソース”をバジルチキンにトッピングし、カマンベールチーズソースが深いコクをプラスした、1杯で2度楽しめる美味しさになっている。880円(税込)。(http://www.taiyo-tomato.com/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP