ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中止されたサブカルアート展の作家らがトークイベント――ヴィレヴァンから作品を撤去された作家も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
art

 西武百貨店渋谷店の美術画廊でのサブカルアート展「SHIBU Culture~デパート deサブカル」(以下「シブカル」)が期間終了を前に中止されたことを受け、2011年2月10日、東京・浅草橋のパラボリカ・ビスでトークイベント『夜想語り緊急特集』が開催。「シブカル」に出展していた人形作家の美少女さん、美術家の真珠子さんがパネラーとして参加した。

 「シブカル」展には画家・人形作家ら25名が参加していたが、「百貨店にふさわしくない」という苦情があったことが原因で中止。ただし、具体的に「不快」とされた作品を、百貨店側は明らかにしていない。

 美少女さんは「展示作品のなかには、女性の下半身が露出した絵画や人形作品もありました」と説明、「誰が悪いとか、犯人探しをするつもりはありません。何が問題なのか議論がしたい」と語り、「不快に感じた作品や部分を、作家側が理解できないと、先に進まない。今回ことは考える契機になったので、作品に興味のない人とも話をしてみたい」と述べた。

 真珠子さんは、「Twitter上では憶測が飛び交っていたので、これまで公式のニュースをリツイートするだけしかしてこなかった」と述べ、「表現をする時に、『誰かを傷つけよう』とか『観る人を不快にさせるかもしれない』とか、そこまで考えないです。言われて初めて気づくことがある」と創作をする作家の心境を語った。

 また同イベントには、アンダーグラウンドの文化をテーマにした作品を制作している映像家のササタニーチェさんも駆けつけた。全国の秘宝館を取材した『昭和聖地巡礼〜秘宝館の胎内〜』や、性器をかたどったお面などを扱う『メイゴク』といったDVDの販売先のほとんどが、先日「エロ系」グッズを一斉撤去したヴィレッジヴァンガードであるという同氏は、「1月に発注数が突然ゼロになった」というエピソードを披露。「これまで『ヴィレヴァン』にはすごくお世話になったので、エロ系グッズ撤去の決定は本当に困ります」と窮状を明かした。

【関連サイト】
夜想/パラボリカ・ビス

ふじいりょう

【関連記事】
国境越える都条例問題、アメリカでも議論に
ヴィレッジヴァンガード、「エロ系」の本やグッズを「一斉撤去」
百貨店で開催の「サブカル」アート展、突然の中止

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。