ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰ともカブらない「振り返られる」カゴバッグが欲しい♡

150603kagobag4.jpg
これからの季節、お役立ちなのがカゴバッグ! 毎日のファッションを夏っぽくさわやかに見せてくれるのに効果的なアイテムですよね。
ただ、カゴバッグといえば、似たようなデザインが多いので個性が出しづらかったりも…。せっかく持つなら、人とカブらない注目度の高いデザインを選んでファッションをもっと楽しみたい!

カラーフリンジで自分らしさもトレンドも両立

150603kagobag1.jpg
EN SHALLA フリンジ ミニカゴバッグ(イエナ)
今年注目なのが、70年代風のレトロなファッション。フェスにも最適だし、レトロさが逆に新鮮なスタイルです。そんな雰囲気にぴったりなのが、フリンジデザインのカゴバッグ。
色は、「洋服に合わせづらいかな?」など考えずに、自分の好きなカラーにトライ。シンプルファッションにも合わせたい、お気に入りバッグになりそう。

新鮮デザインのカゴバッグを見つけたら買い!

150603kagobag2.jpg
リボンモチーフカゴバッグ(アナトリエ)
リボンもカゴで編まれているこんなデザインなら注目度No.1。ぶりぶりしてしまいがちなリボンデザインですが、カゴならなんだか大人っぽい印象に。
定番アイテムにも、新鮮なデザインを取りいれることが、ファッションをもっともっと楽しむコツです。

会社にもOK系のルックスをさらっと持つおしゃれ感

150603kagobag3.jpg
チャーム付ボーダーカゴBAG(ビームスライツウィメンズ)
カゴのナチュラルさはありつつ、オフィスでもOKなキレイめなルックスのものをさらっと合わせるのも素敵な持ちかた。
オフの日だけでなく、オンの日だってカゴバッグを取りいれると、オフィスカジュアルも涼しげな雰囲気に仕上がります。
これからの季節、1つは持っておくと便利なカゴバッグ、せっかく持つなら自分だけのデザインを探してみては? 
協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』


(グリッティ)記事関連リンク
天候が変わりやすいフェスでは、こんなシューズが使えそう
小物で即「ボヘ見せ」。 フェスファッションに使えるアイテムって
白シャツを極める次のステップは、スタイリングの小ワザにあり

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。