ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松岡修造の放送事故レベルの熱血ぶりがスゴすぎる プライベートはもっと熱かった!

松岡修造の放送事故レベルの熱血ぶりがスゴすぎる プライベートはもっと熱かった!

このところ毎日見ない日はないという位、絶好調な元テニスプレイヤーの松岡修造。独特の熱血キャラや、語録を集めた50万部も売れた日めくりカレンダーにテレビ、CM出演引っ張りダコ、さらには錦織圭の快進撃の特需にも上手く乗っかり、今まで積み重ねてきたものが炸裂し本人もご満悦の様だが、誰かが得すれば誰かが損をする・・・そう彼の子供たちがいよいよ父のキャラゆえに自分たちに降りかかる問題を暴露し始め波紋を呼んでいる。

金スマSPの「2時間SP!全仏は残念だったけどあの松岡修造があだ討ちに来た!」では、自身の主演のミュージカルにフリーダムすぎるラップ披露というマッドなコンテンツに加え、現在のポジティブの原点となる現役時代の苦労から這い上がる熱血エピソードが満載。全体的にはいい話で構成されているものの、家族やマネージャーなどの証言からその熱さ故に面倒くさ過ぎる修造のプライベートでの奇行の数々が暴露された。

妻からも「人々に元気を与えている」というイメージだが暮らして見るとかなり面倒だというコメントが寄せられ、マネージャーも「悩みの99%は修造さんに関すること」と語るポジティブの押し売り。
「限界を超えろ」と5歳の娘を絶叫マシーンに無理やり乗せようとして泣かせたり、熱い日に娘に「寒い寒いと」唱えさせ熱さを乗り切る、自分の都合で妻の出産を早めようとするなど常軌を逸したる熱血ぶりが次々と明らかになった。

そんな父を持つ子供たちは、「友達や友達のお母さんにお父さんの事を聞かれて困った事はありますか?」という質問には「よくポジティブなお父さんでいいねと言われますがポジティブすぎて、ケガをしてもおめでとうと言ってきて、本当に痛くて助けてほしい時はウザいです。」
「お父さんが熱すぎて困った事、やめてほしいことはありますか?」には「自分の料理を注文する時に量が多すぎてはずかしいからって僕を指さしながら注文するのをやめてほしい」「いきなり中国語っぽい言葉?で話すのやめてほしい。=自分の世界に(入)のやめてほしい、人前で」・・・。
さらに「普通に道を歩いていても、知らない子どもにはなしかけたり大声でうたい出したりして、私がかわりにいつもあやまっています」など、その他にも、トンデモエピソードが次々と飛び足した。

度重なる怪我を乗り越え錦織選手が登場する前には日本人としては最高位のシングルス46位まで上りつめたパイオニア松岡修造、巷では「こんな熱いお父さんがいたらいいな」などと言った声も聞こえてくるが、これらのエピソードから多くの人が修造が嫌いになる位、熱血の度が過ぎて一緒にいるとたまったものではないということは明らかなようだ。

【参照リンク】
http://www.tbs.co.jp/kinsma/

関連記事リンク(外部サイト)

プロレスラー・真壁刀義、「トラウマだよ!マッドマックスのルール無法地帯を感じろ」
格闘技最強マシーン1人VSヤクザマンション!『ザ・レイド』R指定ノンストップ暴力祭【動画】
最強オヤジバイカー集団が5歳のイジメられた少女を救うために立ち上がった!怖すぎるよ!
さすが午後ロー!「マッドマックス」放送日に来日キャスト本人が生で見るミラクル!
『マッドマックス』最強悪役の吹替え!竹内力に直撃、「何人か死んでんだろ!(笑)」

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。