ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『攻殻機動隊ARISE』舞台化決定 演出:奥秀太郎、脚本:藤咲淳一

士郎正宗の原作誕生から25周年をむかえる『攻殻機動隊』シリーズ。

現在、『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』が放送中、そして6月20日には『攻殻機動隊新劇場版』の劇場公開、さらにはハリウッドでの実写映画化も控えている中、この度『攻殻機動隊ARISE』舞台化が発表された。

【関連:『攻殻機動隊 ARISE』パロディアニメ化決定-草薙素子役に上坂すみれ起用】

攻殻機動隊ARISE STAGE PROJECT

演出は舞台『ペルソナ』シリーズや『BLOOD-C ~The LAST MIND~』の演出も手がけ、映画監督でもある奥秀太郎氏。
脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の脚本家でもあり『攻殻機動隊ARISE』スーパーバイザーの藤咲淳一氏が担当する。
なお、今作は「藤咲淳一×奥秀太郎が贈る、攻殻機動隊結成前夜“はじまりの物語”」になるそうだ。

今発表では出演者、チケット情報は明らかとされていない。ハリウッドではスカーレット・ヨハンソンが演じる草薙素子役や、バトーやトグサ、荒巻大輔など9課の面々を誰が演じるのか注目があつまる。

公演は2015年11月5日~15日、東京芸術劇場プレイハウスにて行われる。今公演は特殊な映像演出の都合上DVD、ライブビューイング等の映像化はされないとのことなので、観たい人はぜひ劇場に足を運んで欲しい。

公演期間:2015年11月5日~15日
会場:東京芸術劇場プレイハウス
原作:士郎正宗
監修:冲方丁
演出:奥秀太郎
脚本:藤咲淳一
製作:攻殻機動隊ARISE STAGE PROJECT
公式サイト: http://kokaku-a-stage.jp/

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy