ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Shazamに画像認識の新機能「Visual Shazam」

Shazamに画像認識の新機能「Visual Shazam」

posted by Jay Kogami

音楽認識アプリ「Shazam」が画像認識機能を追加。紙メディアまで拡がる可能性がプロモーションの在り方を変えるかもしれない

音楽認識アプリでは最大手の「Shazam」が、これまでのShazamとは全く違う機能を発表しました。

新たに追加されたのは、「画像認識」。これまでは再生される音楽やテレビの番組やCMなどが対象でしたが、これからはShazamがポスターや雑誌のページ、包装されたグッズ、QRコードなども読み取りが可能になります。この「Visual Shazam」機能は、Shazamロゴの入った対象物をアプリでShazamします(スキャンする)。するとShazamのアプリ内で、ARコンテンツや、エクスクルーシブな動画、限定特典、グッズ購入のクーポンなど、画像を「ダイナミックなコンテンツ」として展開させることができるとShazamは語っています。

これまでの音楽認識機能に置き換わる機能ではなく、シチュエーションによって使い方を変えてコンテンツや広告とのインタラクションを拡げます。Visual Shazamは今日からロールアウトします。

Shazamは発表と合わせて、画像認識に対応するパートナー企業を発表しています。

パートナー企業はこちらのメディア企業やブランド。すでにディズニーが映画「トゥモローランド」のプロモーションで、Visual Shazamを使った雑誌広告を出しています。

●The Walt Disney Company
●Target
●HarperCollins
●Esquire
●SELF
●Time
●The Wall Street Journal
●Outfront Media
●BlueSoho
●Merchbar
●boohoo.com
●Guerlain
●Evian
●Warner Bros. Interactive
●Southern Cross Austereo
●Phenix Groupe

アメリカ人アーティストのメーガン・トレイナー(Meghan Trainor)とニック・ジョナス(Nick Jonas)がアーティスト第一弾として、Visual Shazamを使ったキャンペーンをいち早く開始しました。

Shazamロゴの入ったポスターや雑誌のページをShazamすると、アーティストのグッズ販売を専門にするアプリ「Merchbar」と連携して、アーティストのグッズが購入できるページにファンを誘導してくれる仕掛けが用意されています。

このVisual Shazamの大きな利点は、メールアドレスやSNS連携など手間の掛かる登録操作を一切する必要がなく、またサイトのアドレスさえも打ち込む必要もなく、コンテンツが見れたり購入ページに飛ぶことができる、アプリ内で完結するユニークな体験を実践できることです。

これまで紙のメディアやパッケージは、ウェブやモバイルと連動したインタラクティブな体験を作ることがどうしても難しく、高い制限に縛られてきました。ですがスマホのモビリティでなら、雑誌や壁に貼ったポスターをShazam(スキャン)することも自然の流れ。将来的には、Visual Shazamを通じてARや動画など読者の興味関心を深められるコンテンツを紙のメディアが提供できる可能性が広がりました。モバイル時代だからこそ生まれたアプリ的なアプローチですね。

例えば、アーティストのアルバムのビジュアルが入ったページをShazamしてボーナス・トラックをダウンロードできたり、ライブのチケット購入ができる、より深いつながりが生まれてきます。しかし多分、メディアの視点からはこの発想は生まれなかったはずです。なぜなら、今のShazamさえあれば、音でも映像でも紙でもメディアは関係なくなったのですから。

この画像認識はShazamを使った音楽プロモーションやマーケティングを進めたい日本のマーケティング会社やプロモーター、レーベルに向いているように感じます。音源や動画を使った個別の仕掛けよりも、今後はポスターやビジュアル、パッケージを上手く連動させた、フル・エンタメ・コンテンツを使ったファンとのエンゲージメントをユニークに実現できる施策が作れそうですね。

■記事元http://jaykogami.com/2015/05/11469.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy