ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

斬新すぎる! 話題の「逆チョコバナナメーカー」制作秘話に迫る

斬新すぎる! 話題の「逆チョコバナナメーカー」制作秘話に迫る
 チョコバナナとは、バナナをチョコレートでコーティングしたスイーツである。そんな既存の常識を覆すアイテム「そんな!チョコバナ~ナ」が、6月18日にタカラトミーアーツから発売される。

斬新すぎる! 話題の「逆チョコバナナメーカー」制作秘話に迫る

 同商品は、皮が付いた状態のバナナに穴を開けて、チョコレートクリームなどを流し込んでチョコバナナを作る、まさに“逆チョコバナナ”作り器。

斬新すぎる! 話題の「逆チョコバナナメーカー」制作秘話に迫る

 作り方は簡単。まずは付属のバナナカッターでバナナの上部をカットし、本体にバナナをセット。次にダイヤルを回してバナナに直径約1cmの穴を開けて、チョコレートクリームを注入するだけ。チョコレートクリームだけでなく、ピーナッツクリームや生クリーム、ジャムなどを入れてもOKだ。

斬新すぎる! 話題の「逆チョコバナナメーカー」制作秘話に迫る

 タカラトミーアーツ広報のTwitterで発表されると、9000件近くリツイート(2015年5月27日現在)されるほど、発売前から話題を呼んでいる。そこで今回は、商品化の秘密を探るべく、タカラトミーアーツの担当者に話を聞いてみた。

 まずはネット上で注目を集めていることについて尋ねたところ、「玩具業界の展示会ではそれほどではなかったのですが、今回はユーザーの方からの反響が大きく、チョコバナナへの関心度の高さを実感しています」と語ってくれた。

 チョコバナナの革命と言える「そんな!チョコバナ~ナ」。どうして商品化しようと思ったのだろうか。

 「弊社では、“身近な食べものを美味しく、楽しく”というテーマで多数の商品を発売してきました。実は、過去にチョコバナナを簡単に作れる商品『チョコバナッチョ』を発売したことがあるんです。当初はこのリバイバルを考えていましたが、チョコとバナナを逆転させたチョコバナナが作れたら面白いのではと思いつきました」

 発想の転換によって生まれたこの商品。商品化にあたり、苦労した点やこだわりのポイントも聞いてみたい。

 「本体をバナナの個体差に対応するような形状にすることが一番大変でした。さまざまな形のバナナに対応できるよう、試したバナナは100本以上。また、バナナのぬめりのせいで、筒形に抜き出せないことがネックでしたが、パイプ内部の形状を工夫して、バナナの果肉をきれいに抜き出すことに成功しました」

 最後に「冷蔵庫で冷やすと、中のチョコレートのパリッとした食感が楽しめます。これからの季節、凍らせることでアイスデザートにもなりますよ」と、おすすめの食べ方も伝授してくれた。

斬新すぎる! 話題の「逆チョコバナナメーカー」制作秘話に迫る
斬新すぎる! 話題の「逆チョコバナナメーカー」制作秘話に迫る

■関連リンク
そんな!チョコバナ~ナ スペシャルサイト
猫をポケットに?話題のパーカー
これはスゴい!音楽が聴けるLED電球

Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy