ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅に出られないと思っていても「抜け道」はきっとあるはず

Photo credit: Eika Akasaki「夜行バスで9日間4カ国7都市回ってみた。」

Photo credit: Eika Akasaki「夜行バスで9日間4カ国7都市回ってみた。

TRiPORT編集部です。時間やお金がないとやりたいこともできません。しかし、何事にも「抜け道」はきっとあるはず。旅に出られないと思っていても、考え方次第でどうにかなるのかもしれません。さて、TRiPORTライターはどう抜け道を見つけていくのでしょう…?

■英語が苦手でもこの5つで大丈夫!

今まで30ヶ国近くの旅を経験している赤崎さんは「英語がペラペラなんですね」と言われることも少なくないそう。しかし実は英語が話せないそうです! 実際に海外へ行ってみて気が付いたことは「旅行者が最低限必要な言葉はわずか」だということ。旅先でよく使うフレーズの代表的な5つとは…(続きはコチラ

■多忙な日々に負けない「旅の温存方法」

 Oyama Hikaru「Fiji」

Photo credit: Oyama Hikaru「Fiji

大人こそ「宿題を終わらせてから!」というポジティブな旅の計画を提案してくれたマリアさん。多忙な会社員生活を送っていた頃、「年に一度は海外旅行へ」という気持ちがあったにも関わらず、それが叶えられないまま時間だけがあっという間に過ぎていくことに、焦りともどかしさを感じていそうです。そこで彼女が思いついた「旅の温存方法」って?(続きはコチラ

■「実際に海外へ行く」メリット

2014-09-10_22.02.55

Photo credit: Keisuke Asami「氷と大地の国・アイスランド

インターネットで写真も旅行記も見ることができるので満足という人へ「実際に海外へ行く」メリットを2つ紹介してくれたSougakuさん。見に行かなければ一生後悔するかもと思わせるような彼の体験談とは…(続きはコチラ

■「なんとなく恐い」を解消

Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」より

Photo credit: Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント

日本から出るということに対して「なんとなく恐い」という人もいるでしょう。まさに自分がそのタイプだったという小林さん。しかし、知識を身に付け、実際に足を踏み入れることで、その「恐い」という感情が大きく変化していることに気が付いたそうです。「海外」と聞くと思わず頭に浮かんでくる様々な不安を解消する方法って?(続きはコチラ

Photo by: Keisuke Asami「氷と大地の国・アイスランド

関連旅行記はこちら

*Eika Akasaki「夜行バスで9日間4カ国7都市回ってみた。
*Oyama Hikaru「Fiji
*Keisuke Asami「氷と大地の国・アイスランド

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。