ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カラオケ行ったら「選曲は場の空気を読め」と上司に叱られた… マツコ・有吉なら何を歌う?

カラオケ行ったら「選曲は場の空気を読め」と上司に叱られた… マツコ・有吉なら何を歌う?

会社の人たちとカラオケに行った際、どんな曲を選ぶのがベストだろうか? 気の置けない友人や同僚との時は何も気にせず歌いたい曲を入れられるが、上司や部下がいる場合はやはり気を使って年齢層やその場の空気に合った選曲をすべきか?

5月20日に放送された「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)では、32歳会社員女性の、こんな怒りメールが取り上げられた。

「4月に新入社員も入り、親睦を深めるために職場のみんなでカラオケに行くことになった。そこで自分の十八番を気持ちよく歌ったが、後日上司に『選曲はもう少し場の空気を読みなさい』と注意された。マツコさん、有吉さんならどの辺のラインナップを歌われますか?」

有吉のシメは「マイ・ウェイ」(布施明バージョン)

20代の新入社員、30代の自分、40代50代の上司と、世代もバラバラ。考えれば考えるほど「どんな曲を歌えば正解だったのか分からない」と悩んでいる。これに対し、マツコ・デラックスと有吉弘行が選んだのは、以下の3曲だった。

マツコ:1曲目「EZ DO DANCE」(TRF)→2曲目「Get Wild」(TM NETWORK)→3曲目「北の宿から」(都はるみ)

有吉:1曲目「LOVEマシーン」(モーニング娘)→2曲目「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」(DJ OZMA)→3曲目「マイ・ウェイ」(布施明バージョン)

選んだ本人があとで気付いて驚いていたが、意外にもマツコの選曲は3曲中2曲が小室哲哉の曲。有吉もノリ重視で先の2曲を選んだようだ。盛り上がる系2曲のあとは、

「50代の上司は(このへんで)喘息のスプレーやってるから」(有吉)
「うん、龍角散とか舐めてるから。そろそろしっとりさせなきゃダメか」(マツコ)

と、上司の酸欠と喉を考慮し、しっとりと落ち着いた曲をチョイス。有吉の選んだ「マイ・ウェイ」は、昭和の宴会でシメで歌われることも多く、カラオケお開きの合図という意味でも使えるらしい。
絶対にダメなのは「無理して流行の曲を歌うこと」

なお、2人揃って「絶対ダメ」としていたのは、上司が若い部下に合わせ、無理して流行りの曲を歌うこと。若い子に合わせることは「『キモい』って思われる」(有吉)とし、マツコもこう力説していた。

「そうよ。逆に(昔の歌を)若い子が覚えてくれる。西野カナとか絶対歌ったらダメよ!キモいし、逆にダッサい!」

これには激しく同感である。若い子の間で流行っている新しい曲を無理して歌う上司など見せられた日にゃあ、どうしていいのかわからず挙動不審になってしまう。

なんの言葉が欲しくてソレ歌ってんの? 「若いですね」か? 「さすがです!」か? メタボ腹突き出してEXILEて!
ここはひとつ「サザン」でどうか

そもそも、よっぽど仲良しならともかく、上司とカラオケになんか行きたくないというのが本音なのに、さらに選曲にまで気を使わないといけないなんて全くもって楽しくない。

ラテン人間じゃないから、歌って踊って盛り上がるなんてキツいし、たいしてうまくもない素人の歌を聞かされるなど、NHK「のど自慢」で腹一杯である。

とはいえ、考えてみたが、ここはひとつ「サザンオールスターズ」でいかがだろうか? つい最近ライブに行ってきたが、サザンのファンの年齢層の幅広さたるや、感動すら覚えたぞ! 20代前半の部下が歌っても、50歳の上司が歌ってもサマになる。私のおすすめである。(文:みゆくらけん)

あわせてよみたい:外国人向け「飲みニケーション研修」開催
 

キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy