ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「日本一おいしい雪解けの天然水」とブランドいちごを使った魚沼の恵みあふれる、ふわふわなかき氷が登場

魚沼の素材を使ったスイーツを販売する「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」が、魚沼の水を使った氷と、新潟を代表するブランドいちご「越後姫」を使ったかき氷を販売する。

全国で「ご当地かき氷」が販売される中、「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は「日本一おいしいかき氷」を目指して、新潟を代表するブランドいちご「越後姫」を使ったかき氷(648円)を開発した。

かき氷の美味しさを決めるのは、なんといっても「氷」。
新潟県魚沼はコシヒカリの産地としても有名で、魚沼産のコシヒカリを育てるのが魚沼の美味しい水。
苗場山の大自然に育まれ、百名水龍ヶ窪湧水と同じ水源の場所から取水された清冽な水である「魚沼の水」をかき氷に使用する水に選んだ。

そして「魚沼の水」を製氷して薄く削った氷の上に、ブランドいちご「越後姫」のピューレのシロップと練乳をかけて提供する。
口ですっと溶けるような、ふわふわな氷と、いちご本来の甘み・酸味を味わえる特別なかき氷だ。

今後は新潟県十日町市で収穫される「さるなし(ミニキウイ)」を使ったかき氷の発売も予定している。

魚沼の恵みを味わえるかき氷を、ぜひご賞味あれ!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。