体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本初開催! レッドブル・エアレース千葉大会(金曜編)

昨年11月の発表から半年。ついにこの日がやってきました。レッドブル・エアレースが初めて日本で開催。会場は千葉市の幕張。2003年の創設当時からチェックし続けてきた筆者にとっては、まさに感慨無量のイベントとなりました。日本で初めて開催されたレッドブル・エアレースの様子を『おたくま経済新聞』らしく、より詳しくディープにお伝えします。

【関連:敵は「マリン風」!? レッドブル・エアレース千葉大会を占う】

今回の千葉開催、大きな影響を及ぼしたのは開催週の火曜夜~水曜朝に関東を通過した台風6号でした。関東を通過した頃には温帯低気圧になっていましたが、それでも強風と雨は健在。これにより、会場建設の日程が遅れてしまいました。レッドブル・エアレースのトップ、エリック・ウルフGMによると「かつてアブダビ(UAE)で砂嵐に見舞われたことはあったが、このような台風(嵐)は初めて」とのこと。

レース用の特設飛行場(滑走路と管制施設、ハンガーなど)も建設が遅れ、本来なら木曜には準備を整えて機体を搬入し、金曜のトレーニングフライトを行う予定だったのですが間に合わず、トレーニングフライトセッションはキャンセルとなってしまいました。

特設飛行場が設置されたのは、海を挟んだ対岸にあたる浦安市総合公園の岸壁。近くでは東日本大震災の災害復旧工事が行われていました。地震による液状化現象で、道路などがグチャグチャになった浦安市の海岸沿い地区。まだ完全復旧してないんですね。

飛行場近くでの震災復旧工事現場

飛行場近くでの震災復旧工事現場

公園内から滑走路が見渡せる「ニコニコ広場」には、警察からの指導(警備上の都合)で秘密にされていたのに噂を聞きつけた人達が、朝からオレンジの規制線に沿って並んでいました。浦安市の広報で情報が流れていたので、そこから広まったんでしょう。浦安市にはパブリックビューイングの会場が設けられ、3000人の収容人数に5000人の応募があったとか。

飛行機を見ようと集まった人々

飛行機を見ようと集まった人々

レース用のハンガーは、鉄骨の骨組みに布製のシートでできたカバーをかけた構造。……これは台風だと飛びますね。各チームのカラーに彩られており、F1など他のモータースポーツでいうところのピットやパドックに相当します。

レース用ハンガー

レース用ハンガー

各チームのカラーで彩られる

各チームのカラーで彩られる

ハンガーはオープンしたものの、まだ建設作業が残っているようで、取材中にも物資の搬入が続いていました。

建設途中で機材が搬入される

建設途中で機材が搬入される

レースに使われる機体も組み上げられたばかりで、色々な調整が行われています。

カービー・チャンブリス選手のエッジ540V3

カービー・チャンブリス選手のエッジ540V3

コクピットで調整するラム選手

コクピットで調整するラム選手

レースウィークが始まったばかりとあって、パイロット達はリラックスした表情。

笑みを見せるアルヒ選手

笑みを見せるアルヒ選手

レッドブルを手にポーズを決めるドルダラー選手

レッドブルを手にポーズを決めるドルダラー選手

チームブライトリングの記者会見で仲良くなったフランソワ・ルボット選手は、筆者の姿を見つけると「頑張るよ」とポーズをとってくれました。ルボット選手がかつて所属していたフランス空軍のアクロバットチーム「L’Equipe de Voltige de l’Armée de l’Air(EVAA)」がTwitterとfacebookで「今週末はルボット選手を応援しよう!」って書いてたよ、と伝えると

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy