ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉田凜音、ワンマンライヴ「ポジティビティ祭り!」で西寺郷太(NONA REEVES)と初共演

吉田凜音、ワンマンライヴ「ポジティビティ祭り!」で西寺郷太(NONA REEVES)と初共演

札幌在住のアイドルシンガー吉田凜音が、連休最終日の5月6日に都内ライヴハウスにて「ポジティビティ祭り!」と題されたワンマンライヴを行った。

過去にも都内で数度のワンマンライヴを行っている彼女だが、今回の内容はいつもとは異なっていた。DJタイム有り、初の生バンド演奏有り、さらにそのドラムを彼女のリリース作品全てをプロデュースした西寺郷太(NONA REEVES)自身がプレイするというプレミア演出も有りという、実に濃度の高いものになった。

1曲目「恋のサンクチュアリ!」から会場のテンションは一気にヒートアップ。「今日のライヴは本当に来たほうが良かったよ!来なかった友達には怒ったほうがいーよ!」彼女のMCに会場は盛り上がり、バックダンサーチーム“NATT!”との絡みも交えつつ軽快なテンポでライブは進む。りりりんね「卒業カウントダウン」、カバー曲「初恋サイダー」等のアッパーな楽曲とミディアムテンポを織り交ぜて更にライヴは盛り上がっていく。

そんな彼女のライヴのもう一つの魅力と言えば、あの絶妙なマイペーストーク。彼女、実は周囲から“師匠”と呼ばれているらしいのだが、その事についてMCで触れた場面。「あの、私って“師匠”と呼ばれてるんですけど、師匠って初めに呼んだのは誰でしょうか?」といきなり喋りだす彼女。全く反応の薄い空気に「知らない、と・・・はい!」、「興味ない、と・・・はい!」。続く言葉が「みなさん、これからも“師匠”とお呼びください!」「うぉぉぉぉぉ!」と盛り上がる客席。さらに続けた言葉が「ありがとうございます!それでは続いての曲」。振った質問の答えを言わないままに何事もなく次の曲に進んでしまうこのマイペースさ(笑)、これも彼女のキャラクターの大きな魅力とも言えるだろう。

そんなキャラ全開トークを挟みつつライヴは進行していき本編最後のパートで披露された「テンセイリンネ~GONG! GONG! GONG!~」で遂に西寺郷太(Ds)、KASHIF(G)が登場。彼女自身初となる西寺郷太との生共演&生バンド演奏に会場のテンションも最高潮に達し、その勢いのままにアンコール含めた全3曲が彼等とコラボ披露された。

アンコール前のMCでは西寺郷太本人が「今日は凜音ちゃんとライヴを一緒にやれるという事で楽しみにしてきました!ゆくゆくは“globe”みたいに(プロデュースの立場から)メンバーに入ろうかな!」と、挨拶があり会場は大きな歓声に包まれた。ちなみに彼も彼女のことを“師匠”と呼んでいたことを記しておく。

アンコール含めた全17曲、14歳の若さと類まれな歌唱力が最高のミュージシャンによって一層引き出された今回のコラボは彼女のさらなる糧となるだろう。

今夏も札幌と東京を活発に移動し多くのアイドルイベントへの出演が予定されている。

関連リンク

■吉田凜音 オフィシャルサイトhttp://www.5project.co.jp/rinne/index.html

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy