ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドローンで年間10億本の木を植える!元NASAのエンジニアによる緑地化プロジェクトの未来

150505_drone-planting

1本の木を伐採することよりも、育てるほうが時間とコストがかかります。しかし、木材採取や土地の開発のため、毎年とてつもない数の木々が伐採されています。

科学誌「Discover」のwebに掲載された記事によれば、1,990年代から2,000年代にかけて森林伐採のスピードは62%も加速。世界で伐採されている樹木は年間260億本にものぼるそう。

英・エンジニアファーム「BioCarbon Engineering」に在籍しており、元NASAのエンジニアでもあるローレン・フレッチャーさんは、ドローンを使った緑地化プロジェクトを開始。なんと年間10億本もの植樹を行おうとしているのだとか。

Reference:Matthew Ritchie

これまで主に利用されていたのは人の手で種を植える方法と、空中から乾燥種子を空中散布する方法だったそう。

新しいドローンを使った植樹では、上空1〜3m程の高さから発芽済みの種子と栄養剤が入ったカプセルを射出。特定の地面に埋め込みます。

この方法を利用すれば人の手で植樹を行う必要がないため、より早く安く緑地化を進めることができ、種子をまいた後の管理も全自動で行うことができるようです。

海外ニュースチャンネル「RT」が報じているところによれば、1日に植樹できる本数はおよそ36,000本。夏以降には実際に運用可能になるそうで、ブラジルか南アフリカでのテストが予定されているのだとか。

いずれは、ドローンが木を植える様子も世界中で一般的になる日がやってくるのかもしれませんね。

Reference:Discover , BioCarbon Engineering ,RT

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ政府が、Amazon社のドローン配送システムの実験を認可!商品が空輸されてくる未来も遠くないかも?
体内を巡る医療用ドローンが開発!「心臓発作」や「脳卒中」を予防可能
1970年代、かつて実現できると考えられていた「スペース・コロニー」での宇宙生活

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。