ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

LGエレクトロニクス『34UC87M-B』レビュー 34インチ・曲面・21:9ウルトラワイドのデュアルモニターでゲームや動画に没入

Red Bull F1 360° Experience(YouTube)
https://youtu.be/ClAuhgFQpLo

マウスでグリグリ視点を変えながら再生していると、VRヘッドセットを着用しているかのような没入感。目の前に広がる曲面ディスプレーの効果といえそうです。

34インチデュアルディスプレーで新しい体験

34UC87M-B

では、この34インチの『34UC87M-B』2台を並べてデュアルディスプレーにしたら、どんな体験ができるのでしょうか。今回は、1台をHDMIケーブル、もう1台をDisplayPortケーブルでパソコンに接続。「表示画面を拡張する」に設定して2画面を表示します。

34UC87M-B

ただし、このままではゲームや動画を2画面にまたがって表示することはできないので、『NVIDIAコントロールパネル』を使って「サラウンド」に設定します。これにより、6880×1440ドットの巨大な1画面モニターに。今回使用したデスクトップPCは『NVIDIA GeForce GTX 660 Ti』のグラフィックカードを装備したもの。利用環境に応じて設定方法は確認してみてください。

34UC87M-B 34UC87M-B

まずはゲームをプレイしてみましょう。FPS感覚のパズルアクション『Portal』では視野がドーンと広がり、かなりの迫力と臨場感。この視界の広さは、ゲーム中の謎解きにも有効になりそう。一般のFPSなら左右方向に視野が広がる分、敵の居場所もより広く見渡せるので、ゲームを有利に進められそうです。

34UC87M-B 34UC87M-B 34UC87M-B

人気のサンドボックスゲーム『Minecraft(マインクラフト)』をプレイすると、没入感と臨場感がよりアップ。3Dのピクセルで構成されるバーチャルワールドがなぜかリアリティを持って感じられ、世界の創造主になった気分に。パノラマの風景を自由に移動したりグリグリ視点を動かせるのは、まったく新しいゲーム体験です。

34UC87M-B

『YouTube』で360°のパノラマ動画をフルスクリーン再生すると、映像が縦につぶれたり解像度が粗くなりますが、自分の目の視野がぐんと広がったかのような、不思議な感覚を味わうことができます。今後360°カメラの解像度が上がると、こうした環境でも臨場感のある映像が楽しめそうです。

1台でも迫力と臨場感が楽しめ、2台ではさらに没入感のある新しい体験ができる『34UC87M-B』。設置スペースやPCパワーに余裕がある人は、3画面にしてみるのもよさそうですよ。まずは1画面でも、店頭で見かけたら一度その迫力を体験してみてください。

34UC87M-B | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン
http://www.lg.com/jp/monitor/lg-34UC87M-B

Insane Eyefinity Surround Testing – 10320×1440 Resolution – Part 2(YouTube)
https://youtu.be/RWgQmpzdqpc

前のページ 1 2
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき