ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Salyu 「話したいあなたと」第三回:長岡亮介(ペトロールズ)

salyu_nagaoka1

Salyuの対談企画「話したいあなたと」。第3回のお相手は、ペトロールズのフロントマンである長岡亮介。3月の雨の日。世田谷の梅ヶ丘で実施したとても自由で和やかな撮影の最後にたどり着いたのは、とある串揚げ屋だった。2人は一献を傾けながら互いの音楽観を語り合った。

——こうしてちゃんと会話をするのは初めてですか?

Salyu「かれこれ10年くらい前に一度だけご挨拶させていただいたことがあって」

長岡「ROCK IN JAPAN FESに遊びに行ったときに」

Salyu「あのフェスにはそんなに出演したことってないんだけど、そのときに番場(秀一)監督という私も含めていろんなアーティストのミュージックビデオを手がけてる映像ディレクターがいらしていて。番場さんが紹介してくれたんですよね。それ以来ですね」

長岡「最初に会ったときはもっと日焼けしていた印象がある(笑)」

Salyu「日焼けは毎年夏にしていて(笑)。UVを塗らないから」

長岡「ステージ衣装で頭に羽根をつけていて。あのときは少女のようだなと思ったんだけど、もうすっかりオトナですね」

Salyu「あははははは。当時はもっとツンツンしてたかもしれない(笑)」

長岡「そうかも(笑)」

Salyu「容姿は丸くてコロコロしてたんですけどね」

——確かにSalyuさんはある時期からすごく細くなりましたよね。ミュージックビデオを観ても今と全然違う。

Salyu「体重のピークは『TOWER』というシングルのときですね。ことごとくダイエットに失敗して。でも、不思議なことに『もうやめてやる!』ってダイエットをやめた途端に自然とどんどん痩せていったんですよ」

長岡「そうなんだ」

Salyu「あまりにもどんどん細くなるから周りも病気になったんじゃないかって心配するんだけど、好きなときに好きなだけ食べる、食べたくないときは食べないという生活にしたら自然と身体が小さくなっていった(笑)」

——当然、声にも影響があったと思うんですけど。

長岡「それはあるよね」

Salyu「すごくありましたね。丸かったときは『あ』って言うだけでも声が太いんですよ。今、『TOWER』や『プラットホーム』の音源を聴いたら自分でもリッチな声だなって思う(笑)。言い換えれば、今よりポップじゃなかった。今のほうがポップなコントロールができてると思いますね。それがいいか悪いかは別にして」

長岡「声量は?」

Salyu「声量は体重の増減ではあまり変わらないんだけど、年齢とともに声の筋肉が落ちてるなと思うから最近は意識的に気をつけるようにしてますね。そうしないと瞬発力がなくなるし、ピッチもどんどん悪くなってしまう。結局、声量で大事なのは喉の筋肉なんですよね」

長岡「なるほど。こういうプロ意識はさすがだなって思う」

 

salyu_nagaoka3

 

salyu_nagaoka2

——話は前後するけど、ドラマーの伊藤大地さんやギタリストの名越由貴夫さんなど共通のミュージシャン仲間が多いから、2人が10年も会ってないのも意外ではあるんですけどね。

長岡「確かに」

——Salyuさんはミュージシャンとしての長岡さんにどんな印象を持ってますか?

Salyu「高性能なプレイヤーだなと思います。パッと見は硬派で寡黙な印象があるんですけど、こうして実際にお話するとすごく人間味がある方なんだなとも思うし」

長岡「人間がいいかげんなんです」

Salyu「いやいや(笑)。サポートも数多くされてますけど、ペトロールズでは歌ってるじゃないですか。その声がすごく素敵だなと思います。あと、さっき撮影しながら話してるときに『この前、眼鏡屋さんでライブしたんですよ』って言っていて。『この人は絶対におもしろい人だ!』って確信しました(笑)」

長岡「あはははは」

Salyu「眼鏡屋さんというのがギタリストっぽいなって。だって眼鏡って一種のエフェクトじゃないですか」

長岡「おおっ、なるほど」

Salyu「そんなことは意識してないかもしれないけど、長岡さんが自然にそうやって心地いい空間と仲間を引き寄せて本質的に音楽と向き合ってるんだなって思う」

長岡「そう思ってもらえてうれしいですよ」

Salyu「ペトロールズとサポートではテンションが違うと思うんですけど、今日はそういう話も聞いてみたかったんですよね。自分のバンドをやり始めた経緯とか」

——長岡さんが本格的に楽曲を作り始めたのはペトロールが最初なんですよね。

長岡「そう」

Salyu「そうなんだ」

——ペトロールズは今年で結成10周年なので、ちょうど10年前ですよね。

長岡「うん。当時は自分の書く曲がどうとか、自分がどういう演奏しているか俯瞰で出来ていなかったから、ただ漠然とこうしたいというイメージだけがあって。だから、今、当時作った曲を聴くとちょっと恥ずかしい」

——それでも自分でアウトプットしてみたいと思って曲を作り始めた。

長岡「そう。自分の音楽を1から10まで自分自身で組み立てなきゃダメだなと思って」

Salyu「その思いに至るまでにさまざまなことがあったと思うんですけど」

長岡「当時、自分がすごくカッコいいと思う人がいて。KATOKUNNLEEという人なんだけど。その人はサンプリングや打ち込みでトラックを作っていて。シンプルなループ感があるんだけど、それをポップに仕上げてたんだよね。天才だと思ったし、このセンスには敵わないなと。当時は自分で曲を作ってなかったから余計にそう思って。当時からサポートでいろんな現場を踏んではいたけど、やっぱり100%自分にフィットする音楽はないから。結局は誰かの音楽なわけで。あとは、半年くらい留学したのも大きかったかな」

Salyu「へえ! それはいつごろですか?」

長岡「25、6(歳)のときかな」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy